ブログ

「最近湿気が多いせいで、カビのにおいが気になるなぁ」
「カビが発生しやすいところってどこなのかなぁ」
このようなお悩みや疑問を一度は持たれた方、いらっしゃいますよね。
今回は部屋のにおいの原因と、カビが発生しやすい場所について詳しくご説明します。
ぜひ今回の記事をお役立てください。

□一般的な部屋の臭いの原因とは?

・生活臭
汗の臭いや加齢臭、タバコの臭い、アンモニア臭、カビ臭があてはまります。
いずれも刺激が強いのが特徴ですが、自分では気づきにくい臭いの1つでもあるため注意が必要です。

・廃棄物の臭い
食材をゴミ箱に捨てることや排水溝に廃棄物のカスが蓄積することで発生しやすい臭いです。
特に生鮮食品である野菜や果物、肉、魚などの生ゴミは放置していると部屋中に臭いが充満し、ひどい場合は近隣に迷惑をかけるだけでなく、ごみそのものが酸化することで有害なガスを発生させることもあります。

□カビ臭いと感じたら、、カビが発生しやすい場所をすぐ確認!

先ほどの紹介のなかでも対策しにくいのが部屋に残り、なかなかとれないカビ臭です。
発生箇所として大きく取り上げられるのはお風呂、キッチン、玄関です。

お風呂の場合、壁や床、排水口だけでなく、天井もカビが生えやすい場所です。
また洗面用具や容器もカビが生えやすく、日々の生活で水を拭き取って浴室外に出すなどの対策が必要となってきます。
そこで、おそうじ本舗ではそれぞれのご家庭の浴室の汚れにあった掃除技術で徹底的にきれいにします。
今まで取れなかった石鹸カスや溝のカビの心配もこれでなくなりますね。

キッチンは、シンクやコンロの周りで食べ物のカスがきれいに除去できていないケースが多々見られます。
当社は コンロの焦げ付きやシンク・蛇口の水アカなどの頑固な汚れも丁寧に除去できます。
換気扇や冷蔵庫の清掃サービスもありますので、この機会に一度同時に任せてみてはいかがでしょうか。

玄関は家の各々の間取りの中でもあまり日当たりが良くない空間の一つです。
雨の日に濡れた靴で入る場合や汗を吸った靴を保管することが多いため、臭いがたまりやすい場所です。
ここでもまたまた当社の出番です。
玄関周りのカーペット、フローリングのクリーニングを承っております。
ぜひ、臭いを吸ってしまう原因の床や壁のクリーニングをお任せあれ。

□まとめ

今回は部屋のにおいの原因と、カビが発生しやすい場所についてご紹介しました。
今回の情報をもとに、少しでもクリーニングに興味を持っていただけたら幸いです。

当社はお部屋やベランダなどの空間に限らず、エアコンや冷蔵庫といった細かなところまでの請け負いも担当しております。
お困りの際はぜひお気軽にお問い合わせください。
「最近部屋がジメジメするけど気にしなくっていいのかなぁ」
「外と内で湿度がだいぶ違う気がするけど気のせいかな」
このようなこと、一度は思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、湿度が与える影響と湿度を快適な状態を保つための方法の2点についてお伝えします。
ぜひ最後までご覧下さい。

□湿度が与える影響ってどんなもの?

湿度が高いことによるメリットとデメリットは以下の通りです。
・カビが発生しやすく、最悪の場合それが原因で感染症やアレルギーの原因にもなったりする。
・空気中の水分量が多いと精神的に鬱になりやすいことがある。
・体内の水分が蒸発しにくく、熱中症になりやすい。

逆に、湿度が低いことによるメリットとデメリットは以下の通りです。
・インフルエンザやコロナウイルスの活発化がみられる
・静電気が発生しやすく、家電製品の故障に繋がる。
・絵画や工作などの家の装飾品にヒビや欠けなどの劣化が起こりやすくなる。

□湿度を快適な状態を保つためにやっておきたいこと!

やはり冬は暖房、夏は冷房を用いますよね。
基本的に湿度が70パーセントを超えるとカビが繁殖しやすく、温度も20度〜28度あたりがカビの繁殖を促します。
この数字の基準を超えたら外との換気からエアコンの換気に切り替えるようにしましょう。

冬も同じく、加湿機能を用いて湿度を50パーセント前後に保つように工夫しましょう。
ほとんどの感染型ウイルスが活性化しにくい環境は高温多湿の空間であるため、ぜひ室内温度を高めるだけにとどまらないよう注意しましょう。

そんな冷房や暖房機能が欠かせないエアコンのクリーニング、ぜひ検討されてはいかがですか。
当社はエアコンクリーニングを専門としており、ご家庭で普及している壁付けエアコンや、オフィスビルで見られる天井付けエアコンのクリーニングを承っております。
お問い合わせからお値段のお見積もり、メインのクリーニング作業まで終始一貫、真摯にご対応します。
クリーニングで当社の強みとする、最先端技術を用いたウルトラファインバブル洗浄も導入致しました。
是非この機会に一度お試しください。

□まとめ

今回は湿度が与える影響と湿度を快適な状態を保つための方法の2点についてご紹介しました。
今回の情報から少しでも湿度管理の大切さやエアコンのクリーニングに興味を持っていただけたら幸いです。

当社はクリーニング実績が多く、たくさんの方々から好評をいただいております。
ぜひお気軽にご相談ください。
「エアコンの水漏れが最近気になるなぁ」
「水漏れの原因が全然わからない」
このようなお悩みを持たれる方、多くいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、エアコンの水漏れと当社の手掛けるエアコンクリーニングについてご紹介します。
どうぞ最後までご覧ください。

□なぜエアコンから水漏れが発生するのか?

エアコンの使用時は室内の空気が冷やされた水蒸気がエアコン内部で結露します。
エアコンにはこの結露した水分で発生する水漏れを防ぐため、水を逃がす機能が備わっています。
この機能がうまく働かないと、エアコンから水がポタポタと漏れてくることがあります。
機能としては「ドレンホース」「ドレンパン」の主に2つの水漏れ防止機能があります。


「ドレンホース」では、水を外へ逃がすためのホースの役割を持っています。
しかし、ドレンホースにゴミやホコリなどの詰まりが発生している場合、水が逆流して水漏れが発生してしまいます。
「ドレンパン」では、結露した水分を集める部分のことを指しますが、こちらも空気中の小さなゴミや塵を集める過程でどうしても容量に限界が出てきます。


これらの部品の確認不足や劣化以外で水漏れが起こる場合、プロにお任せすることをお勧めします。

□当社(おそうじ本舗)が手掛けるるエアコンクリーニングとは?

長年取り除きにくかったカビやホコリをすみからすみまで洗浄し、本体の機能や周囲の環境に影響が出ないよう徹底的な養生を行い、防カビ仕上げまでの一連作業を完璧に行います。
エアコンから排出される空気にカビやホコリなどの汚れが含まれると、アレルギーや気管支炎など肌や肺に大きく悪い影響を及ぼす可能性があります。
普段の掃除で手が届かない内部のアルミフィンやシロッコファンにそういった健康被害の要因が潜む可能性もあるため、そこの洗浄もしっかり行います。
インテリア性が高く、近年ではあまりご家庭で普及されていない天井埋込型エアコンの清掃も取り扱っております。


お手入れの難しい天井埋込型エアコンを分解し、汚れやホコリ、カビを落としつつ、高圧洗浄でエアコン内部の奥までキレイにします。
年中使うエアコンで手入れの難しい面があるため、定期的なプロの分解洗浄をぜひご活用ください。

□まとめ

今回はエアコンの水漏れと当社の手掛けるエアコンクリーニングについてお伝えしました。
これらの情報を少しでもお役に立てていただけたら幸いです。

エアコンクリーニング実績を多数持つ担当をそろえておりますため、何かお困りの際はぜひお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る