ブログ

「最近自分の部屋が生臭い感じがするなぁ」
「ハウスクリーニングをこの機会にぜひ頼んでみたいなぁ」
このようなことを1度は考えた方、いらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はお部屋の生臭い原因と当社のハウスクリーニングの魅力についてご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

□臭いの発生源はどこから?

生ごみや調理後のキッチンに残った汚れの処理は完ぺきにこなす方は多いと思います。
しかしながら、排水菅の汚れやキッチンのワークトップと壁の間の溝にある小さな塵やホコリは取り除きにくい傾向があります。
このような小さなところの汚れが大きな臭いに繋がるのですね。
排水口や蛇口回りのヌメリやカビが原因で悪臭を放つことはよくあることです。
さらにトイレでは水の洗浄のみではなかなか取れない尿石が嫌な臭いの原因の一つにもなります。
アンモニア臭は刺激臭ですが、放っておくと気づきにくい臭いになることも要注意です。
家族の出入りやコミュニケーションの場となるため、皮脂や垢、持ってきたホコリがたまりやすい場となります。
これらの床についていた汚れはカーテンやソファーに移り、ダニや最近の発生の元となりやすいです。

□当社のハウスクリーニングの醍醐味をご覧あれ!

先ほどの嫌な臭いの発生源をご覧になって、ハウスクリーニングを少しでも考えた方に朗報です。
当社ではキッチン、お部屋のお掃除をはじめ、外回り、お墓の清掃、パックサービスまで様々なクリーニングサービスを承っております。

キッチンではガスコンロや水回りの頑固な汚れを徹底除去するのはもちろん、家電製品である冷蔵庫や換気扇のクリーニングまで代行可能です。

また、ベランダ、カーポート、外構などのエクステリアについても10平米未満であれば、まとめて清掃サービスを受け付けられます。

さらに気になった方も多いかと思われますが、パックサービスも一つの大きなチャンスです。
在宅中や引っ越し前、引っ越し後でもご住居のお部屋一式のクリーニングも担当しております。

ハウスクリーニングに関しまして何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

□まとめ

今回はお部屋の生臭い原因と当社のハウスクリーニングの魅力についてご紹介しました。
これらの情報は簡単に手に入れられるため、ぜひハウスクリーニングを依頼される際にご活用ください。

当社では多数のクリーニング実績を持っております。
何かお困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

「ホコリが多くなるとどんな健康被害があるのだろう」
「なぜ部屋の掃除を毎日やっても清潔感が改善しないのだろう」
そのようなお悩みを持たれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はホコリの危険性と部屋が埃っぽくなる原因についてお伝えします。
ぜひ今回の記事をお役立てください。

□ホコリの危険性ってなに?

ハウスダストアレルギー、あるいはシックハウス症候群について聞いたことがある人はいませんか。
くしゃみや鼻水の症状だけでなく、吐き気や頭痛といった習得化した症状や、倦怠感や鬱といった精神的な症状まで確認されるのが特徴となっています。

1つの小さなホコリの中でも細菌やダニが合わせて数千匹潜んでいるため、このような症状が起こりやすいのも納得できるのではないでしょうか。
さらに、窓を使った換気で入ってくるホコリや日々の外出で持ち込んでいるホコリの量も考えると、普段こまめな掃除を意識をする必要性が伝わってきますね。

□埃っぽくなる原因を徹底究明!

先ほどホコリの危険性をご紹介しました。
少しでもホコリを取り除くためにどこから発生しているのか、原因が気になりますよね。
今回は主に3つの原因を取り上げました。

ホコリは主に布繊維や紙繊維から発生しやすいといわれています。
より大量のホコリが集まって来ることで、目視が可能な大きさまで成長します。

普段の何気ない行動から小さなホコリが少しずつ積みあがるため、定期的にこまめな掃除を積み重ねることが大事ですね。
ホコリは年から年中外から内へ入ってきます。
住宅周囲の環境によっては、砂や土埃あるいは花粉といっしょに入ってきます。
風の向きや天候によって窓の開閉をするように、部屋の換気に対する些細な意識が肝心になってきますね。
フローリングやカーペットを2,3日に一度掃除する方にとって、埃が毎回目立つのは嫌ですよね。
毎回部屋が埃っぽいと感じる場合、その原因として家具から発生していると考えられます。
ソファーや布団など、繊維素材のものを長時間部屋に置いている場合は掃除機をかけるなどの対処が必要となってきます。

□まとめ

今回はホコリの危険性と部屋が埃っぽくなる原因について紹介しました。
今回の情報から、少しでもこまめな掃除に関心を持ってもらえると幸いです。

当社はハウスクリーニングの実績を多く所有しております。
お部屋のお掃除に関しましてお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
「カビが発生する要因ってなに」
「カビってどんな健康被害をもたらすの」
そこで今回はカビが発生する条件と人体に与える悪影響についてご紹介します。
ぜひ今回の記事を今後のお部屋のカビ防止や対策のためにお役立て下さい。

□「カビ」が発生する条件を大きく3つ分けてご紹介!

空気中に浮遊しているカビの胞子は室内の壁や衣類、寝床に常に付着しています。
気温が5度から35度の条件下であれば生息可能なので、年中カビの対策は欠かせないことが分かります。
湿度は60パーセントを超えたあたりから繁殖に適した環境になります。
60パーセントと聞いて、乾燥した季節であれば問題ないと感じた方もいらっしゃると思います。

しかしながら、浴槽やキッチンなどの水回りが含まれる空間が家の中にあることを忘れてはなりません。
さらに寝室といった長時間体内の水分を発するような場所ではなかなか湿気を逃がすことが難しいため、注意が必要であることが分かります。
カビは家の中にあるホコリや人間が活動するにあたってどうしても出てしまう皮脂と垢を栄養源にします。
さらには木材や岩石といった有機物をはじめとする建材を対象にカビは繁殖しやすいことで挙げられます。

こういった栄養物を好み繁殖するカビの種類として、「クロカビ」「コウジカビ」「ススカビ」「アカカビ」が該当します。

□カビが人体に与える影響を紹介してください。

おもに3つの症状が挙げられます。
順番に見ていきましょう。

1つ目は夏型過敏性肺炎です。
咳や発熱、倦怠感が起こり、風邪と間違われやすいアレルギー症状です。
エアコン内部で増殖したカビが原因となることがよくあるので注意です。

2つ目はシックビル・シックハウス症候群です。
夏型過敏性肺炎と症状は似ておりますが、こちらは年中みられる症状です。
アレルギーに関わらず、頭痛やめまいといった症状が続きやすいです。

3つ目は気管支肺アスペルギルス症です。
アスペルギスと呼ばれるカビが肺で増殖し、呼吸を妨げる原因となります。
免疫力の低下やアスペルギスへのアレルギーがある場合、発症しやすいためこちらの症状にもかからないよう、カビ対策をしっかりしましょう。

□まとめ

今回はカビが発生する条件と人体に与える悪影響についてご紹介しました。
今回の記事から少しでもエアコン掃除や家具掃除の大切さが伝わってくださると幸いです。

当社は長年のクリーニング実績があり、たくさんの方々から愛されてきました。
ハウスクリーニングについてお困りの際はお気軽にご相談下さい。

ページトップへ戻る