ブログ

梅雨の時期や台風前後など、雨が降ると家や部屋の臭いが気になるという方はいらっしゃいませんか。
そんな、雨が降ると部屋が臭い…と感じる方へ、考えられる臭いの原因とハウスクリーニングについてご紹介いたします。

□考えられる臭いの原因

家では毎日使用する場所が多く、全ての場所を毎日掃除するのはとても難しく大変なことですよね。
しかし、毎日使用する場所だからこそ清潔にしたいとお考えの方も多いでしょう。
少しでも暮らしが快適になるよう、家庭での臭いの原因になりやすい場所をご紹介いたします。

まず、トイレです。
トイレは家族全員が使用するため使用頻度が多く、臭い・汚れともに溜まりやすい場所です。
また、生活臭ともなるアンモニア臭が発生するため、刺激のある臭いが発生しやすい場所ともいえます。

しかし、使用頻度が多いからこそ清潔にする回数を増やせるという逆の発想で、清潔に保つことができます。
使用した後の尿ハネを軽減するため、便器のフチを両面拭くだけでかなり臭いは軽減できます。
洗剤無しでも問題ありません。

次に、お風呂です。
ドブのような臭いや、食べ物が腐食したような臭いがする場合は排水口、カビ臭い場合はカビの発生が原因だと考えられます。
排水口は、毎日使用後に髪の毛を取り除いたり大量の水を一気に流したりすることで臭いが軽減されます。
カビ臭さは、カビの発生源を掃除し、カビの根絶を目指しましょう。

また、椅子や風呂桶などの洗面用具を定期的に洗うことも効果的です。
そして、エアコンも臭いの原因となります。
エアコンでは温度を調整する際、空気中の水蒸気が水分として発生します。
この水分がカビの原因となる場合があります。

エアコンの内部にカビができると、部屋全体にばらまくことになってしまいますので、シーズンごとなどの定期的な清掃が必要です。

□当店が提供しているハウスクリーニングをご紹介

ここまで臭いの原因と自宅での対応策についてご紹介いたしましたが、当店でもハウスクリーニングが可能ですので、当店のハウスクリーニングについてご紹介いたします。

まず、トイレクリーニングは日頃の清掃ではなかなか手が届かない部分まで対応いたします。
落としきれない尿石や、床や壁への尿ハネ、照明など、トイレ全体の清掃が可能です。

次に、お風呂のクリーニングです。
層になって固くなってしまった湯垢や石けんカスの汚れ、床のざらつきなどの対応が可能です。
もちろん、バスタブや壁、天井、窓などあらゆる場所を汚れに適した専用洗剤で清掃いたします。

また、エアコンクリーニングでは必要に応じてエアコンを分解し、細部まで洗浄します。
お掃除機能付きのエアコンでも内部が汚れていることは多いので、一度ご相談ください。

□まとめ

今回は、部屋の臭いとハウスクリーニングについてご紹介いたしました。
雨の時期はもちろん、年中快適に暮らすために是非参考にしてみてください。
家や部屋の臭いが気になる方はいらっしゃいませんか。
自宅の臭いは自分では気が付きにくいですが、自身が出かけたときに「慣れない臭いだな」と感じることがあるように、実は自宅にも何かしらの臭いが充満しているかもしれません。
今回はそんな、ツンとする臭いの原因をご紹介いたします.

□部屋の臭いの原因

家には、臭いが溜まりやすい場所があります。
それは、出入りの多い場所や使用頻度の多い場所です。
具体的にご紹介いたします。

まず、玄関です。
玄関は人の出入りが多く、来客時には必ず通る場所です。
そのため臭いに気を遣っている方も多いかと思いますが、どうしても靴からの臭いが充満します。
靴には、皮脂や汗からの臭いが染み付いており、特に運動をする方の靴や、夏場は臭いが強くなってしまいます。
靴や下駄箱の消臭剤の使用や、靴を定期的に洗うことで臭いを抑えることができます。

次に、生活臭です。
汗の臭いや、たばこの臭い、加齢臭などが当てはまります。
トイレの臭いの原因であるアンモニア臭もそうです。
自分では気が付きにくい臭いではありますが、部屋や自身を清潔に保てるような工夫が必要です。

また、エアコンのカビも臭いの原因になります。
エアコンにカビがある場合、エアコンを使用するとカビを部屋中にばらまくことになってしまいますので、シーズン前後など定期的な掃除をおすすめします。

□ウルトラファインバブルエアコン洗浄とは

玄関や生活臭の対策は自宅でできますが、エアコンの洗浄は少しハードルが上がります。
エアコン周辺が汚れないように養生が必要で、フィルターも外すなど大がかりで時間や気力を要します。
プロに任せる選択肢も出てくるかと思いますが、ウルトラファインバブルエアコン洗浄はご存知でしょうか。

ウルトラファインバブルとは、目に見えないくらいの細かな泡のことです。
この泡を使用した洗浄方法が、ウルトラファインバブルエアコン洗浄と呼ばれます。
この細かな泡はすぐに消えるのではなく長く残るため、汚れとの隙間に入って汚れを浮かすことが可能です。

また、付着した汚れに対して気泡が破裂することで汚れを除去できます。
すすぎの効率が良いため節水やクリーニング時間短縮に繋がり、地球環境にも良い洗浄方法です。



□まとめ

今回は、部屋の臭いの原因と、ウルトラファインバブルエアコン洗浄についてご紹介いたしました。
当店でもウルトラファインバブルエアコン洗浄の対応が可能ですので、検討されている方は是非お問い合わせください。
お待ちしております。
暑い季節が過ぎて、少しずつ秋めいてきました。
それでも暑さがぶり返す日は多く、まだエアコンを使用している方も多くいらっしゃるかと思います。
エアコンを使用していると、水が発生することがありませんか。
今回は、エアコンの水はどこから来るのかについてご紹介いたします。

□エアコンを使用することで水が発生する原理


夏場にはエアコンは欠かせず、6月のじめじめし始める頃からエアコンを使用される方は多いのではないでしょうか。
エアコンは夏場の必需品で、1日でも使用できない日があると困りますよね。
暑い日に故障なんてしてしまったら、その日はまともに過ごせないかもしれません。

エアコンを使用する上でよく起こる故障が、水の発生です。
では、なぜ水が発生するのでしょうか。

気温の高い夏場の空気は、水分を多く含んでいます。
エアコンは、冷房運転で高い気温の空気を低い気温の空気に変えるのですが、この変換時に低い気温には不要な水分が発生します。

この不要な水分がエアコンから発生する水で、ドレンと呼びます。
このドレンには、空気中の汚れや油分も混じっています。

ドレンは、ドレンパンと呼ばれる受け皿でいったん受け止められます。
そして、外に繋がっているドレンホースから室外に排出される仕組みになっています。
この流れに問題が発生すると、エアコンの室内機から水漏れを引き起こす原因となります。



□エアコンから水が漏れてくる原因

問題なく作動していれば通常であれば、水漏れは起こりませんが、なぜエアコンから水が漏れてきてしまうのでしょうか。
理由は主に2つ挙げられます。

第一に、排水経路に問題があり、排水がうまくできないためです。
エアコンの内部は左右どちらかに傾いており、水が流れるような仕組み作りがされています。
しかし、ドレンパンからドレンホースの間に詰まりや汚れがあると水が流れなくなるため、排水がうまくできず、水が内部に溜まって漏れてしまうこととなります。

第二に、フィンの結露のためです。
冷房運転の場合では、エアコン内部のフィンが冷たくなっています。
そのため、空気の湿度が高いと結露がフィンに付着します。
この結露の量が多いと、風に乗ってエアコンの送風口から水しぶきが出ることがあります。

□まとめ

今回は、エアコンの水の発生原因についてご紹介いたしました。
エアコンから水が出て困っている方は、是非参考にしてみてください。
また、当社にご相談いただければ解決に向けてご対応いたします。
お問い合わせお待ちしております。
ページトップへ戻る