ブログ

「エアコンから変な臭いがする」
このようなお悩みをお持ちの方は多いですよね。
久しぶりにエアコンをつけたり、長期間使ったりしていると臭いが気になることがあると思います。
このトラブルを解決するには、臭いの原因と対策方法を知る必要があります。
そこで今回は、エアコンの臭いの原因と対策方法について紹介します。

□エアコンの臭いの原因とは?

エアコンをつけるたびに気になる臭いの原因とは、一体何でしょうか。

臭いの原因は、主にエアコン内部で発生したカビや部屋の生活臭です。
エアコンの内部は、湿度が高くほこりやハウスダストが溜まっていることが多いため、非常にカビが発生しやすい環境となっています。
そして、内部に発生したカビを含んだ風が室内に放出され、臭いが充満するのです。

また、エアコンは室内の空気を吸い込み、冷却した上で再度放出します。
そのため、室内の空気の影響を受けやすいです。
例えば、タバコの臭いやペットの臭い、人の汗などが挙げられます。
このような臭いが風に乗って放出されるため、より臭いを感じやすくなります。

□エアコンの臭いを予防するための方法について

上記のように、エアコンの臭いは、カビや部屋の生活臭が大きな要因となって発生しています。
それでは、このような臭いが発生するのを未然に防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。
以下に、詳しい予防方法を紹介します。

冷房や除湿を使用した後には、エアコン内部に結露が溜まりやすくカビの原因となります。
この結露を除去するのに、1時間以上の送風または暖房運転をしましょう。
そうすることで、内部の結露がなくなり、カビの発生を予防できます。
また、機種によっては「内部クリーン」と呼ばれる機能があります。
これを使えば結露を除去できます。
臭いの根本的な原因である汚れやほこりが溜まらないように、定期的な掃除を心がけましょう。
フィルター部分には大きなほこりが溜まっているため、月に1、2回は洗浄することをおすすめします。
なお、内部のフィンやファン、ドレンパンなど取り外せない部品もあるため、そのような部分の掃除は専門業者に依頼すると良いです。

□まとめ

以上、エアコンの臭いの原因と対策を紹介しました。
あらかじめ臭いの原因を知って、予防しておけば安心ですね。
今回の記事を参考に、臭いの気にならない生活を送りましょう。
当社では、エアコンクリーニングのご依頼を受付中です。
何かわからないことがございましたら、気軽にご相談ください。

「エアコンにすぐカビが生えるので困っている」
このようなお悩みをお持ちの方は多いでしょう。
エアコンは定期的に掃除をしないとカビが生えてしまいます。
また、エアコン内部には特にカビが生えやすい部分もあります。
そこで今回は、エアコンにカビが生える原因について紹介します。

□カビが生える原因とは?

エアコンの蓋を開けるとカビが生えていたという経験をしたことがある方は、多いと思います。
なぜ、カビが生えてしまうのでしょうか。
まずは、カビが生える原因について解説します。
カビは湿度が高い場所に生えやすく、特に80%近くの湿度がある環境では急速に繁殖します。
地域にもよりますが、6〜9月ごろにエアコンを使用しているとき、エアコン内部は湿度が高くなりやすいです。
そのため、その時期は特にカビが繁殖しやすいので注意しましょう。
カビは、ほこりや汚れが多い環境を好みます。
エアコン内部には、ほこりやハウスダスト、タバコの煙やペットの毛などの室内の汚れが溜まりやすいです。
そのため、カビが生えてしまいます。
定期的にメンテナンスをしていないエアコンは、特に注意が必要です。

カビは20〜35度程度の温度の環境で繁殖しやすいです。
エアコンの内部はちょうどこの温度の範囲内にあるため、カビにとっては繁殖しやすい場所と言えます。

□カビが生えやすい部分とは?

次に、エアコン内部でカビが発生しやすい部分を紹介します。

1つ目は、ドレンパンです。
ドレンパンとは、結露によって発生した水を受ける皿のような役目をした部品です。
ドレンパンでカビが発生すると、風とともにエアコン内部へカビが送られてしまうので注意しましょう。

2つ目は、ファンです。
ファンには、ドレンパンを経由して風が流れ込んできます。
そのため、ドレンパンで繁殖したカビが流入し、ファンにもカビが生えてしまいます。

3つ目は、吹き出し口です。
エアコン内部から送られてくる風にカビが含まれていると、ここの部分にもカビが発生してしまいます。
吹き出し口に黒いポツポツを発見したら、カビが生えている証拠です。

このように、エアコンの一部分でカビを見つけたら、他の部分でも繁殖している可能性が高いです。
そのような場合でも、専門業者にクリーニングを依頼すればカビを根源から除去してもらえるので、カビが気になる方は一度クリーニングをしてみることをおすすめします。

□まとめ

以上、エアコンにカビが生える原因を紹介しました。
今回の記事を参考に、カビの対策をしてみてください。
当社では、エアコンクリーニングのご相談を受け付けております。
ご不明点等ございましたら、気軽にお問い合わせください。
「久しぶりにエアコンをつけようとしたら汚れだらけだった」
「エアコンの汚れは放置していても大丈夫なのか」
このような経験や疑問をお持ちの方は多いですよね。
エアコンの汚れを放置しておくと、健康に悪影響が出る可能性があります。
今回は、エアコンに付着する汚れの種類と放置するとどうなるのかについて解説します。

□エアコンに発生する主な汚れについて

エアコンに発生する汚れは、主に外部から発生する汚れと内部から発生する汚れに分かれます。
外部から発生する汚れとして、ダニやダニの死骸、ハウスダストなどが挙げられます。
また、家族に喫煙者がいる場合は、タバコの臭いや煙も汚れとしてエアコンに付着します。
そのほか、自動車の排気ガス、ペットの毛なども汚れの原因の1つです。

一方、内部から発生する汚れとして、カビや微生物などが挙げられます。
エアコンの内部は20〜30度の温度で70%以上の湿度を維持しているため、カビが発生しやすい環境となっています。
カビはダニの栄養源になるため、ダニの増殖にもつながります。

また、微生物の固まったスライムが発生することもあります。
水分と栄養があるエアコン内部では特に発生しやすいので注意しましょう。
定期的にエアコンを洗浄し、これらの汚れの発生を未然に防ぐことをおすすめします。

□エアコンの汚れを放置するとどうなる?

エアコンの汚れを放置するとさまざまな被害が発生します。
以下に、具体的な被害について紹介します。
エアコン内部のカビを放置していると、カビが乗った風が部屋中に流れます。
その風が原因で、喘息やアレルギー症状を発症する可能性があります。
特に、大人に比べて免疫力が低い子供は、このような症状が起こる可能性が高いので注意しましょう。
汚れが付着した熱交換器や吹き出し口を通って放出される風は、嫌な臭いがすることが多いです。
放置しておくと、エアコンをつけるたびに嫌な臭いが部屋に充満してしまいます。
エアコンによってカビが部屋に広がると、部屋内でもカビが発生する可能性があります。
例えば、窓の枠部分やキッチンなどは注意が必要です。

このように、エアコンの汚れを放置しておくと、生活に支障をきたす可能性が高いです。
そのため、エアコンの汚れは定期的に掃除することをおすすめします。

□まとめ

以上、エアコンに付着する汚れの種類と放置するとどうなるのかについて解説しました。
エアコンを使用する前には、一度内部の状態を確認し、汚れがないか確認することをおすすめします。
当社では、エアコンクリーニングのご依頼を随時受け付けております。
何かお困りのことがございましたら、気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る