ブログ

カビは湿気が多いと繁殖力を増しますが、湿気の少ない冬でもカビは発生します。
冬のカビ対策は、どのようにすればいいのでしょうか。
ここでは冬にカビが生える原因を解説し、冬のカビ対策をご紹介します。

□冬にカビが生える原因について

カビが発生すると住宅の骨組みが腐食したり、その家に住む人の健康を害したりします。
それゆえ、なるべくカビの発生を抑えたいものです。
カビは湿気が高いと発生しますが、湿度の低い冬にカビが発生する原因の1つとして、窓の結露が挙げられます。
結露は、室内と室外の温度差によって、窓ガラスの内側に水滴がつくものです。

窓以外にも、押し入れの隅や使っていない部屋などは、湿気が溜まりやすく、カビが発生しやすいので注意が必要です。
また、加湿機や石油ファンヒーターなどのような、水分を放出する器具を使うと、部屋の湿度が高くなります。
また、空気の通りが悪い場所や、住宅の北側、水回り周辺なども、湿気が多くカビが発生しやすい場所です。

□冬のカビ対策について

冬は、夏に比べて湿度が低い時期とされますが、室内は意外と湿度が高くなっています。
それは、前述のように暖房による結露や加湿機、石油ファンヒーターなどを使う機会が多いからです。

また、冬は寒さから窓を閉め切りがちになり、洗濯物の部屋干しが増えるのも、湿度が高くなる原因となっています。
現代の住宅は気密性が高いので、湿気がこもりがちなのも、冬にカビが多い原因の1つと言えるでしょう。
そこで、冬のカビ対策として重要なのは、頻繁に換気をして、湿度がこもらないようにすることです。

湿気は温度が低い場所に集まる傾向があるので、日の当たらない場所や、家の北側などにカビが生えやすくなります。
台所の換気扇を回すと、ある程度湿気を逃がせるため、なるべく長時間換気扇を回すようにしましょう。
換気扇から離れた窓を少し開けておくと、空気の流れが良くなるため、さらに除湿効果があります。

換気扇を常時回すのが困難であれば、除湿機を使うのも有効です。
窓の結露をこまめに拭き取るだけでも、湿気の上昇を抑えられるため、結露を放置しないようにしましょう。

□まとめ

冬のカビ発生原因は室内と室外の温度差で窓に結露ができたり、加湿機などの水分を放出する器具を使う機会が多かったりするからです。
また、冬は窓を閉め切り、洗濯物の部屋干しも増えるため、さらに湿気がこもります。
寒くても窓を開けたり、台所の換気扇を回したりすることで部屋の湿度を下げてカビの発生を抑えられます。
新しいエアコンを買ったのに、半年でカビが生えるとガッカリします。
どうして新しいエアコンに、カビが生えるのでしょうか。
また、カビが生える原因は何なのでしょうか。
ここでは、使っていないエアコンに、カビが生える理由についても解説します。


□カビが生える条件とは

エアコンにカビが生えるのは、快適な室温、高い湿度、溜まったホコリや汚れが原因です。
エアコンは、気温の高い夏と寒い冬に多く使われます。
エアコンを使うことによって、暑い夏を涼しくし、寒い冬を暖かく快適にしてくれます。
このような人間にとって快適な環境は、カビにとっても繁殖しやすい環境なのです。

カビは暖かくて湿度が高い状態を好みます。
結露してホコリが溜まったエアコン内部は、カビにとって暮らしやすい場所なのです。
ちょっと油断すると、たちまちエアコン内部に、カビが発生することになります。

それゆえ、買って数カ月しかたっていないエアコンでも、内部にカビが生えることがあるのです。
また、エアコンは室内の空気を循環させるため、エアコン内部のカビの胞子が排出されて、部屋の中で発芽し、部屋の中を漂う胞子が、エアコンに吸収されるという悪循環も起こります。
特に、エアコンのフィルターに溜まったホコリには、カビがつきやすいです。
定期的に掃除しないとカビの温床になってしまいます。


□エアコンは使っていなくてもカビが生える!

普段使わないエアコンは、頻繁に使うエアコンより、寿命が短くなることがあります。
これはエアコンに限らず、機械全般に言えることです。
特にわかりやすいのは車です。
車は、乗らずに車庫にしまっておくと、エンジンのかかりが悪くなったり、故障が起きやすくなります。

特にエアコンの場合は、内部にカビやホコリが溜まるため、使わないでいると、なおさらトラブルが起きやすいのです。
エアコンをほとんど使わずに放置していると、エアコン内部に溜まった、ホコリやカビはそのままであるため、内部で勝手にカビが増えていきます。

梅雨のシーズンになれば、室内の湿度が上がるため、当然エアコン内部の湿度も高くなります。
同様に、雨の日や曇りの日も湿度が高くなるため、カビが生えやすい条件が整います。
そのため、エアコンは使わなくても、カビが生えるのです。

□まとめ

エアコン内部は、適度な湿度と温度、ホコリなどによって、カビが生えやすい環境になっています。
そのため、エアコン内部のカビを抑えるには、できるだけ湿度と温度を低くして、カビの栄養になるホコリを取り除くことが大切です。
また、エアコンは使わなくても、カビが生えやすいことも覚えておきましょう。
エアコンの暖房をつけると、嫌なにおいがすることがあります。
このにおいを除去するには、どうすればいいのでしょうか。
まず、エアコンの嫌な臭いの原因を探り、併せてプロのエアコンクリーニングサービスについて紹介します。

□エアコンの嫌な臭いの原因について

エアコンの嫌な臭いの原因は、どこにあるのでしょうか。
エアコンの嫌な臭いには、すっぱい臭いやカビくさい臭い、ヤニくさい臭いなど、さまざまな種類があります。
こういった、嫌な臭いの種類によって原因も変わるので、それぞれの原因に合った対策を取る必要があります。

エアコンには室内機と室外機がありますが、エアコンのくさい臭いの原因は、室内機の中にあります。
エアコンは室内の空気を吸い込んで、暖かい風や冷たい風を送り出しています。
つまり、エアコンの嫌な臭いの元は、室内にあることが多いのです。

たとえば、ヤニ臭かったりペット臭がしたりする場合は、室内でタバコを吸うことと、ペットを飼っていることが原因です。
これ以外に、エアコン内部に発生したカビが原因で、異臭がする場合もあります。
エアコン内部には適度な水分とホコリなどがあるので、カビが発生しやすい条件が揃っています。
そのため、家族の中でタバコを吸う人もおらず、ペットも飼っていないのに異臭がするなら、エアコン内部のカビが原因と考えていいでしょう。

□当社のエアコンクリーニングサービスご紹介について

おそうじ本舗のエアコンクリーニングは、エアコン内部のカビや、ホコリを取り除くところから始まります。
そして最後に防カビ仕上げをするので、カビが生えにくくなります。
エアコン内部に、カビが生えたりホコリが溜まっていたりすると、エアコンを使うたびに異臭がします。
それゆえ、エアコンを快適に使えません。

カビやホコリを含んだ空気が、エアコンから排出されると、アレルギーを起こすこともあります。
その結果、住む人の健康を害するおそれもあります。
おそうじ本舗では、プロの技術と専用機材による分解洗浄で、エアコンの隅々まで洗浄して、快適に使えるようにします。
エアコンを異臭のない状態で使うには、定期的にプロのメンテナンスを受けることが大切です。

□まとめ

エアコンをつけると、異臭がすることがあります。
異臭の原因はタバコやペットなどのほかに、エアコン内部のカビの影響もあります。
エアコン内部のカビを放置すると、アレルギーなどの症状の原因になる場合もあります。
エアコンの異臭を取り除くには、プロにエアコンクリーニングサービスを、依頼するのがおすすめです。
ページトップへ戻る