ブログ

「エアコンを久しぶりにつけたら体調が悪くなった」
このような経験がある方は少なくありません。
エアコンの掃除をしばらくしていないと、内部にほこりや汚れが溜まります。
特に、ファンにカビが発生しているとさまざまなトラブルが起こります。
そこで今回は、ファンについたカビを掃除しないとどうなるのかを紹介します。

□ファンを掃除しないとどうなるの?

エアコンのファンとは、吹き出し口の奥にある筒状の部品を指します。
この部品が回転することで、内部の空気が外へ放出されます。
エアコンから出る風は必ずファンを通るため、汚れが溜まりやすいです。
例えば、ほこりやカビ、ハウスダストなどが溜まりやすい汚れとして挙げられます。

このような汚れを掃除しないと、さまざまな被害が発生するリスクがあります。
具体的には、カビを含んだ風が部屋に放出されることで、健康被害が起こる可能性が上がります。
特に、小さなお子さまがいる家庭やアレルギーを持っている方は十分に注意してください。

また、エアコンの運転効率が下がるため、電気代が増えるなどランニングコストが余計にかかります。
そのほか、故障につながる可能性もあります。

このような被害があるため、ファンに溜まった汚れやカビはなるべく早く掃除することをおすすめします。

□ファンを汚さないための対策を紹介

次に、ファンを汚さないようにするための対策を紹介します。
フィルターの掃除は、ファンの汚れを防ぐ簡単な対策方法です。
カビは、フィルターのほこりを栄養源として繁殖するため、定期的にフィルターの汚れを取る必要があります。
掃除の頻度としては、エアコンを毎日使う夏や冬は1週間に1回程度、あまり使わない春や秋は1カ月に1回程度がおすすめです。
カビは湿度が高い環境で繁殖します。
そのため、なるべく室内の湿度を抑える必要があります。
エアコンの除湿機能やドライ機能を使えば、室内の湿気を取り除けます。

また、エアコン内部も結露によって湿度が高くなりやすいです。
対策として、エアコンの使用後に送風運転を30分から1時間程度行うようにしましょう。

□まとめ

今回は、ファンについたカビを掃除しないとどうなるのかを紹介しました。
今回の記事を参考に、ファンに汚れがつかないよう対策をしてみてください。
ファンの掃除は難しいため、専門業者に依頼することをおすすめします。
なお、当社では、エアコンクリーニングのご相談を随時承っております。
気軽にお問い合わせください。
「エアコンを掃除してもなかなかカビが取れない」
このようなお悩みをお持ちの方は多いでしょう。
定期的にエアコンを掃除している場合でも、長期間使っていると臭いが気になることもありますよね。
そのような場合には、エアコンクリーニングがおすすめです。
今回は、エアコンクリーニングのメリットと効果を紹介します。

□エアコンクリーニングのメリットとは?

まずは、エアコンクリーニングのメリットを紹介します。

1つ目は、臭いが気にならなくなることです。
エアコンを長期間使用していると、エアコンから出てくる風からカビの臭いや生活臭が気になることがあります。
クリーニングをすれば、これらの臭いが気にならなくなります。

2つ目は、電気代の節約です。
ほこりや汚れが溜まっているエアコンは、空気や熱交換の効率が悪くなり、余計に電気を消費するので、電気代が高くなる傾向があります。
そこで、クリーニングをすれば本来の効率性を取り戻せるので、電気代の節約につながります。
また、効率的に動作するようになるので、冷暖房の効きも良くなるでしょう。

3つ目は、アレルギーの予防です。
汚れたエアコンから放出される風には、カビやハウスダストが含まれていることがあります。
これらの風を吸い込むと喘息やアレルギー症状を引き起こす可能性があります。
特に、小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、クリーニングをしてこれらのリスクを回避することをおすすめします。

□プロのエアコンクリーニングの効果を紹介

エアコンクリーニングは、自分の手で行うことも可能です。
しかし、エアコンの部品は複雑で自分で分解して掃除すると直せなくなったり、水気厳禁の部品を濡らして故障したりするなど、リスクも高いです。
そのため、プロにエアコンクリーニングを依頼する効果を紹介します。
プロは、エアコン内部の複雑な部品を分解して掃除してくれます。
そのため、カビや汚れなどを隅々まで洗浄できます。
それによって、カビを根本から除去できます。
プロは、エアコンの掃除専用の洗剤や道具を用いて掃除を行います。
そのため、素人が行うよりもより綺麗に洗浄できます。
さらに、特定の汚れに対する洗剤を用いるため、カビの臭いやペット臭などもより気にならなくなります。

□まとめ

以上、エアコンクリーニングのメリットと効果を紹介しました。
普段の掃除では、手の届かない部分まで綺麗にしてくれるのが大きな魅力です。
今回の記事を参考に、エアコンクリーニングを検討してみてください。
なお、当社はエアコンクリーニングを行っているので、検討されている方はぜひご連絡ください。

「エアコンのカビ対策に苦労している」
「毎年、エアコンの掃除をすると内部に黒いカビが見つかるので困っている」
このようなお悩みをお持ちの方は多いでしょう。
エアコンは定期的なメンテナンスを怠ると、すぐにカビが繁殖してしまいます。
そこで今回は、エアコンのカビ対策と生活の中での予防方法について紹介します。

□エアコンのカビ対策について

エアコンにカビが繁殖しないようにするには、定期的な掃除が非常に大切です。
そこでまずは、カビ対策としての掃除方法を紹介します。

1つ目は、フィルターの洗浄です。
フィルターは、エアコンの部品の中でも簡単に取り外せる部品で掃除がしやすいです。
さらに、フィルターにはカビの栄養源となるほこりが溜まりやすく、放置しておくとカビの発生につながります。
フィルターを取り外す前に掃除機である程度ほこりを吸い取っておくと、ほこりが飛散しにくくなります。

取り外したフィルターは、シャワーと歯ブラシを使って洗浄しましょう。
洗浄後は、しっかり乾かした上で再度取り付けてください。

2つ目は、フィンの掃除です。
フィンとは、フィルターを取り外すと見える薄い金属板が並んでいる部品です。
ここでは、空気の温度調節が行われており、結露が発生しやすいためにカビも発生しやすいです。
掃除機でほこりを吸い取った上で、歯ブラシや中性洗剤を利用して少しずつ汚れを除去しましょう。

3つ目は、ファンの掃除です。
ファンは自分で掃除することも可能ですが、下手に触ると故障につながる可能性もあります。
そのため、専門業者にクリーニングを依頼することをおすすめします。

□生活の中での予防方法を紹介

上記では、掃除によるカビ対策を紹介しましたが、普段の生活の仕方を意識するだけでもカビの繁殖を予防できます。
以下に、具体的な予防方法を紹介します。
エアコンは、室内に浮遊するほこりを吸収しフィルターに蓄積させます。
これを防ぐためには、定期的に換気をして室内のほこりを外に追い出すことが有効です。
少なくとも1日1回は窓を開けて、空気の入れ替えをしてみてください。
カビは高湿度の環境で繁殖します。
そのため、換気扇を回したり、除湿機を使ったりすることで室内の湿度を下げましょう。

□まとめ

以上、エアコンのカビ対策と生活の中での予防方法を紹介しました。
カビの繁殖を防ぐには、定期的な掃除が重要です。
今回の記事を参考に、エアコンのカビ対策を施しましょう。
当社では、エアコンクリーニングのご依頼を受け付けております。
エアコンに関するトラブルをお持ちの方は、気軽にご相談ください。
ページトップへ戻る