ブログ

「エアコンの奥にカビが発生するのはどうしてなのかな」
「内部の洗浄はどうしたら良いのかな」
このようなエアコンに関する悩みをお持ちの方はいませんか。
今回は、エアコンの奥にカビが発生する原因とカビが発生しやすい場所をご紹介します。
エアコンの掃除はプロへ依頼するのがおすすめであることも併せてご紹介します。

□エアコンの奥にカビが発生するのはなぜ?カビが発生しやすい場所も併せてご紹介!

カビが発生する主な原因として、「温度」、「湿度」、「ホコリや汚れ」などが挙げられます。
20度から35度は、私たち人間だけでなくカビにとっても好む環境です。
また、湿度80%以上もカビにとって最適な環境です。
そして、カビが繁殖するための餌となるのが汚れです。
エアコンのカビは、フィルターの奥にあるフィンで多く発生しています。
その他には、外からは見えない熱交換器や送風ファン、ドレンパンと呼ばれる部分に多く発生します。
ドレンパンとは、空気中の水分が気体から液体になったものを受ける皿で、水気が多いためカビも発生しやすくなります。
熱交換器や送風ファンはエアコンから出てくる風が直接通過したり、接触したりする場所なのでこの部分にカビが発生すると空気中にカビをばら撒くことになります。

□エアコンの掃除は定期的にプロに依頼するのがおすすめ!

複雑な電化製品であるエアコンの掃除は、定期的に掃除のプロへ依頼するのがおすすめです。
エアコンの奥を素人が掃除すると、故障につながる可能性があるからです。
エアコンクリーニングのプロであれば、それぞれのパーツを分解して奥まで徹底的に掃除してくれます。
普段のお掃除や市販の洗浄スプレーでは落ちない汚れもしっかりと落としてくれます。

エアコンを清潔に保つには、日常的にご家庭でのお手入れをしつつ、定期的に掃除のプロへ依頼すると良いでしょう。
当社のエアコンクリーニングでは、当社オリジナルの洗剤を活用して内部まで丁寧に綺麗に掃除をさせていただきますので、エアコンクリーニングをお考えの際はぜひ当社にお任せください。

□まとめ

エアコンの奥にカビが発生する原因とカビが発生しやすい場所、エアコン掃除は定期的にプロに依頼することがおすすめであることをご紹介しました。
当社では、作業前・作業後の確認を徹底して、お客様が満足していただけるまでサービスを提供させていただきます。
エアコン掃除についてお困りの際は、ぜひお任せください。
「エアコンの吹き出し口に黒い点がよくできる」
このような経験をお持ちの方は多いでしょう。
エアコンを掃除しようとした際に、パネルを開けてみると黒い点を見かけることがあります。
この点の正体は、カビです。
今回は、吹き出し口にできるカビについての説明と、カビの掃除方法を紹介します。

□吹き出し口にある黒い点の正体とは?

エアコンの吹き出し口に黒い点の正体はカビです。
なぜ、吹き出し口にカビができるのでしょうか。

吹き出し口は、エアコン内部で作られた空気を部屋に放出する役割を持つ部分です。
ここは、ホコリを吸収しやすく水分も発生しやすい場所であるため、カビが発生しやすいです。

吹き出し口にカビができると、カビが内部で作られた空気に乗って部屋中に飛散する可能性があります。
それによって、喘息やアレルギー症状などの健康被害が発生する恐れがあります。
また、カビが飛んでいった先で繁殖し、部屋中にカビが増殖する可能性もあるので注意しましょう。

□吹き出し口の掃除は自分でできる?

吹き出し口は、比較的簡単に掃除できます。
以下に、具体的な掃除方法を紹介します。

まずは、掃除道具を用意しましょう。

・マスク
・ゴム手袋や使い捨て手袋
・ブラシ
・消毒用エタノール
・からぶき用の雑巾
・脚立

以上の道具があれば効率的に掃除を進められます。

次に、掃除の手順です。
掃除を始める前に、エアコンのコンセントを抜きます。
そうすることで、安全に作業ができます。

脚立に乗って吹き出し口の羽部分の掃除から始めます。
機種によっては取り外してスムーズに掃除できるものもあります。

羽部分をきれいにしたら、吹き出し口の掃除に移ります。
ブラシとエタノールを用いて、汚れやほこりを取り除きましょう。

こうして吹き出し口の掃除が終わったら、コンセントを入れて送風運転を行います。
これは、エタノールや水で濡れた吹き出し口や羽部分を乾かすために行います。
しっかりと乾かさないとすぐにカビが発生してしまいます。
なお、エアコンを動かす際はコンセントを差し込んでから1時間後に運転を始めてください。

このような作業で吹き出し口のカビを除去できます。
ただし、エアコンのカビは吹き出し口以外にも繁殖している可能性があります。
もし、掃除をしてもカビの臭いが残る場合や体調が治らない場合は、エアコンクリーニングを検討してみてください。

□まとめ

以上、吹き出し口にあるカビについて、掃除方法を紹介しました。
今回の記事を参考に、黒い点を少しでも減らしましょう。
なお、場合によっては大規模な掃除が必要なケースもあります。
その際は、当社のエアコンクリーニングをご検討ください。
ご不明点等ございましたら、気軽にご相談ください。

最近は、自動的にエアコン内部を掃除してくれる機能が搭載されたエアコンが多く販売されています。
しかし、この機能があっても定期的な掃除は必要です。
そこで今回は、エアコンの自動洗浄機能の概要と、その機能が備わっていたとしても掃除が必要な理由について紹介します。

□自動洗浄機能とは?

エアコンの自動洗浄機能は、さまざまな名称で各メーカーに搭載されています。
この機能は、エアコン内部の洗浄ロボットがフィルター上を通ることで、フィルターに付着したほこりを除去するという仕組みをしています。

ちなみに、「内部クリーン」と呼ばれる機能とは別のものです。
この機能は、エアコン内部の結露を取り除き、カビの発生を防ぐために使用します。

□自動洗浄機能付きでも汚れる理由とは?

「自動洗浄機能があれば普段の掃除は必要ない」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際はこの機能を使用していてもエアコン内部は少しずつ汚れていきます。
それでは、なぜ自動洗浄機能があっても汚れてしまうのでしょうか。
以下に、理由を3つ紹介します。
自動洗浄機能付きのエアコンは、一般的な製品に比べて密閉度が高いです。
そのため、エアコン内部で発生した水分が外部に逃げられなくなり、内部の湿度が高くなります。
湿度が高い環境はカビにとって繁殖しやすい環境ですので、かえってエアコンの汚れを増やす恐れがあります。
自動洗浄機能付きのエアコンは、運転後自動的に掃除を開始します。
しかし、運転の際にモーター音が発生するため、耳障りで消している方もいます。
そのため、機能が作動していないまま生活することとなり、自然に汚れてしまいます。
自動洗浄機能には、大きく2つのタイプがあります。

1つ目は、除去したほこりを屋外に排出するタイプです。
このタイプの場合、屋外に排出するためのホースにほこりが蓄積され、ほこりが十分に排出されにくくなるケースがあります。
2つ目は、ダストボックスに溜めるタイプです。
このタイプでは、ダストボックスに溜まったほこりを定期的に捨てないと、機能が働かなくなるケースがあります。

また、自動洗浄機能はフィルター以外の部品に溜まった汚れまでは除去できません。
そのため、定期的な掃除やエアコンクリーニングは必要です。

□まとめ

今回は、エアコンの自動洗浄機能の概要と、その機能が備わっていたとしても掃除が必要な理由について紹介しました。
この記事で紹介したことを踏まえて、定期的にエアコンを掃除するようにしましょう。
当社では、エアコンクリーニングのご相談を受付中です。
気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る