ブログ

「エアコンが油で汚れるのはどうしてなの」
「エアコンがベタベタになるのを防ぐにはどうしたら良いのかな」
このような悩みをお持ちの方はいませんか。
今回の記事では、エアコンの油汚れの原因と放置するリスクをご紹介します。
油汚れを防ぐための対策も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□油汚れの原因と放置するリスクをご紹介!

ここでは、エアコンの油汚れの原因と、汚れを放置するリスクをご紹介します。
エアコンが油汚れでベタついてしまうのは、料理に使う油がついたことが原因である可能性が高いです。
キッチンで油を熱して料理をすると、油煙となって空気中を漂います。
その結果、キッチンから発生した油煙をエアコンが吸い込み、ベタつくことにつながります。

また、キッチンの換気扇が汚れていることが原因である場合もあります。
換気扇が汚れていると十分に油煙が吸い込まれず室内を浮遊するので、稼働中のエアコンが油煙を吸ってしまいます。
さらに、タバコのヤニもエアコンのベタつきの原因になるので注意しましょう。
エアコンを掃除せずに放置してしまうと以下のようなトラブルにつながる可能性があります。

・カビが生える
・水漏れする
・室内が臭くなる
・電気代が上がる

掃除を怠り、カビが繁殖してしまうとエアコンから排出される風が臭くなり、肺炎のリスクも発生します。
また、汚れが溜まるとエアコンが効きづらくなり、無駄に電力を必要とすることになるので電気代が高くなるでしょう。

□エアコンの油汚れを防ぐには?

エアコンの油汚れを防ぐ対策として、以下のことが挙げられます。

・市販のレンジフードフィルターを活用して定期的に交換する
・換気扇のフィルターカバーを定期的に掃除する
・定期的にレンジフードファンを掃除する

エアコンの油汚れを防ぐ対策として、これらが挙げられますが、どれだけ対策をしていても汚れは溜まっていきます。
そのため、おすすめなのが定期的にハウスクリーニングを依頼することです。
プロのハウスクリーニングであれば、素人では手の届かないエアコンの内部まで綺麗に掃除ができます。
素人が内部まで掃除をしようとすると故障のリスクもあるので、安心安全に任せられるハウスクリーニングも検討してみてくださいね。

□まとめ

今回の記事では、エアコンの油汚れの原因と放置するリスク、またエアコンの油汚れを防ぐ方法をご紹介しました。
当社のエアコンクリーニングでは、油汚れはもちろん、エアコン内部に潜むカビやホコリをすみずみまで洗浄して、防カビ仕上げも施します。
エアコンの汚れでお困りの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
「エアコンの臭いが取れない」
「エアコンクリーニングを依頼したい」
このような悩みをお持ちの方はいませんか。
今回の記事では、日頃の生活で気になるエアコンの臭いの原因をご紹介します。
当社でご提供させていただいている、エアコンクリーニングの詳細に関しても併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□エアコンの嫌な臭いの原因はなに?

1つ目は、お部屋自体が原因の可能性があります。
タバコ臭い、生臭い、酸っぱい臭いの場合は、お部屋自体に原因がある可能性があります。
対策としては、お部屋の換気を行う、乾燥機を活用して部屋干しを控える、服をこまめに洗う、カーペットやソファカバーを洗うことなどが挙げられます。

2つ目は、エアコンが原因である可能性があります。
ホコリ臭かったり、カビ臭かったりする場合はこの可能性が高いです。
フィルターを掃除したり、ハウスクリーニングを依頼したりしてエアコン内部まで掃除してもらうことがおすすめです。

3つ目は、室外機が原因である可能性があります。
室外機の近くでペットを飼っていたり、室外機が目詰まりしていたり、室外機の設置場所が悪くファンモーターやコンプレッサーに異常があったりすると、エアコンからの空気が臭くなるでしょう。

□当社のエアコンクリーニングの詳細をご紹介!

ここからは、当社でご提供させていただいているエアコンクリーニングの詳細についてご紹介します。
エアコンの内部に潜むカビやホコリをすみずみまで洗浄して防カビ仕上げを行います。
エアコン内部がカビやホコリで汚れていると、そこから排出された空気が原因でアレルギーなどを引き起こす原因になったり、エアコンの効率が悪くなり電気代が余分にかかったりすることもあります。

このエアコンクリーニングの作業範囲は、エアコン本体、アルミフィン、ファン、外装パネル、フィルターです。
作業時間は約2時間、価格は1台税込12,100円です。
お手入れが困難である天井埋め込み型のエアコンを分解して、高圧洗浄でエアコン内部の奥まで綺麗にお掃除します。
年中使うエアコンなので、定期的なプロの分解洗浄を依頼することがおすすめです。
作業範囲は、エアコン本体、外装パネル、フィルター、ファン、アルミファン、ドレンパンです。
作業時間は約2時間から3時間半で、価格は1台税込27,500円です。

□まとめ

今回の記事では、エアコンの嫌な臭いの原因と、当社がご提供させていいただいているエアコンクリーニングの詳細をご紹介しました。
現在新型コロナウイルス感染症が拡大しておりますが、当社では毎日の検温やスタッフの除菌、道具の除菌、非接触のお会計など万全の対策を実施しておりますので、ぜひ安心してお任せください。

「エアコンからアンモニア臭がする原因はなんだろう」
「エアコンクリーニングを依頼したい」
このような悩みやお考えをお持ちの方はいませんか。
今回はエアコンからアンモニア臭がする原因をご紹介します。
当社が承っている壁掛けエアコンクリーニングの詳細についても併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□エアコンからアンモニア臭がするのはどうして?原因をご紹介!

エアコンを使用した際の酸っぱい臭い、いわゆるアンモニア臭は、エアコン内部に発生したカビがアルカリ化したことが原因として考えられます。
ファンやフィンなど普段は掃除をしない場所や掃除が行き届いていない場所に、発生したカビが長くとどまってしまうとアンモニア臭のような酸っぱい臭いを発することがあります。

ここまでいくと、消臭スプレーでは誤魔化しきれないのでハウスクリーニングを依頼することをおすすめします。
下記で当社がご提供させていただいているエアコンクリーニングの詳細をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□壁掛けエアコンクリーニングの詳細をご紹介!

当社ではエアコンクリーニング以外にも様々なお掃除のお手伝いをさせていただいております。
その中でもエアコンクリーニングは最も人気があります。
ここからは、当社がご提供させていただいている、壁掛けエアコンクリーニングの詳細をご紹介します。

エアコン内部のカビやホコリをしっかりと洗浄して、防カビ仕上げを行います。
プロの技術と専用機材による分解洗浄で、ご家庭ではできない内部のアルミフィンやフィルターを綺麗にお掃除いたします。
エアコンクリーニングの作業時間は約2時間、価格は1台税込12,100円です。

お掃除の作業手順に関しては以下の通りです。

・エアコンの周辺を汚さないために養生をする
・本体カバーやフィルターを外して一つひとつ洗浄
・専用機材で内部を徹底的に洗浄
・しつこい汚れをブラシで落とす
・当社オリジナルの防カビ剤で仕上げ
・部品を組み立てて、試運転を行い完了

他にも一緒に頼むとさらに効果的なオプションをご用意しておりますので、エアコンクリーニングをしてみたいと感じた方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

□まとめ

今回は、エアコンからアンモニア臭がする原因と、当社がご提供させていただいているエアコンクリーニングの詳細をご紹介しました。
ぜひ本記事を参考に、エアコンクリーニングの依頼を検討してみてくださいね。
エアコンクリーニングに関して、何か疑問や困り事がある場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る