ブログ

「最近エアコンの内部からの水漏れが頻繁だなぁ」
「水漏れや取れない汚れに対応した洗浄方法ってないのかな」
そのようなこと、一度は思ったことあるのではないでしょうか。
そこで今回は エアコンの水漏れの原因と洗浄方法についてご紹介します。
ぜひ、今後のエアコン掃除の参考にしてください。

□水漏れの原因を究明!

まずよくある誤解として、水漏れはエアコンの故障ではありません。
室内の空気が結露した際にその水分が集まり、水漏れへと至ります。
よって、水漏れ自体に関してはエアコンの機能を使用するにあたってよくあることで、特に心配する必要がありません。

水漏れといっても1、2滴垂れる程度であれば問題ないですが、壁をつたってたくさん流れる現象が起こった場合は掃除や手入れの対応が必要となってきます。
そこでドレンホースとそれ以外の機能に注目して対応箇所を探りましょう。

基本的にドレンホースが水漏れの対策に大きな活躍を見せますが、ドレンホースからたまに水がうまく排出されないこともあります。

主な原因例として「排水口がふさがれているか曲がっている」ことや「ドレンホース内でゴミが詰まっている」ことの2点が挙げられます。

さらにドレンホース以外の原因であれば「フィルターあるいは熱交換器の汚れ」や「ルーバー(風向きを変える羽の部分)の向きが正常ではない」ことが挙げられます。

日常生活でこれらのこまめなチェックとリペアを意識しましょう。

□ウルトラファインバブルってなに?

エアコンの洗浄では化学薬品を用いると故障の原因になるかもしれない、とh心配される方もいらっしゃると思います。
そこで、水の形を変えた洗浄技術があることを今回は特別に教えます。

その名も、「ウルトラファインバブル」です。
 ウルトラファインバブルは気泡径が1マイクロメートル未満の泡を指します。
無色透明で、かつはじける力も小さく、水中で長時間残存する性質があります。
その粘性力を生かし、フィルター洗浄やエアコン内部の洗浄を行うことで、結露やカビ防止の効果を期待できます。

当社はコチラの最先端技術を導入しているため、エアコンクリーニングでお困りの際はぜひお問い合わせください。

□まとめ

今回は エアコンの水漏れの原因と洗浄方法についてご紹介しました。
これらの情報は素人でも簡単に手に入れることができます。

当社はお問い合わせからお見積もり訪問、クリーニングまで終始一貫、徹底的なサポートをいたします。
是非、今回の記事をきっかけに、クリーニングについて当社にお任せください。
「エアコンをかれこれ何年も掃除していないから心配だなぁ」
「エアコン内部の掃除って難しいなぁ」
このようなお悩みをお持ちの方、いらっしゃいますよね。
今回はエアコン掃除を行わないリスクと、エアコン掃除をプロに任せるメリットをご説明します。
ぜひ最後までご覧ください。

□エアコンを掃除せずに使い続けるリスクとは?

第一にアレルゲンの物質が体内に入り込み、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの症状を引き起こします。
最悪の場合はアレルギー性気管支肺アスペルギルス症という重篤な症状にかかる危険性もあります。
原因が、エアコン内部のカビやダニとなるので、気を付けた方がいいですね。
フィルターや熱交換器にホコリが詰まると、室内の空気の吸引力が低下すると同時に、吐き出す風が弱くなります。
その状態が長期間経過すると、徐々に室内温度を保てなくなります。
こちらも原因として、「モーターが高回転することで電力が上昇する」ことが挙げられます。
エアコンはスイッチを入れ運転すると静電気が発生します。
その静電気が空気中のゴミや塵をかき集め、1つ1つの湿気の周りに塊をつくります。
最終的に、その塊がエアコン起動の抵抗となり必要以上に電力を消費するため、先ほどの説明にもあった、「モーターが高回転することで電力が上昇する」原因と重なり、最悪の場合故障に繋がります。

□エアコン内部や室外機の掃除はやはりプロにお任せ!

普段の生活であればフィルターを本体から外すことや、本体表面の溝を掃除する、といった形でご自身で簡単に手入れできますよね。
しかし、エアコンの奥や室外機の掃除となると、素人ではなかなか難しいところもありますよね。

そんな時はやはりプロにおまかせです!
当社はエアコンクリーニングの実績が豊富なため、ご自身で掃除を行う際にありがちなリスクや、高い位置の掃除などに柔軟に対応してきました。

年末年始やお盆など、大掃除するタイミングで当社にお問い合わせください。
是非、長年悩まされたエアコン掃除の肩の荷を下ろしましょう。

□まとめ

今回はエアコン掃除を行わないリスクと、エアコン掃除をプロに任せるメリットをご紹介しました。
今回の記事について質問がございましたら、当社へお問い合わせの際、丁寧なご説明で対応致します。
無料相談を受け付けておりますため、是非お気軽にご連絡ください。
「エアコンの吹き出し口にカビが発生する原因を知りたい」
「カビが生えると健康被害があるのかな」
このような悩みをお持ちの方はいませんか。

今回は、エアコンにカビが生える原因とカビによる健康被害をご紹介します。
当社が行っているエアコンクリーニングの流れも併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

□エアコンの吹き出し口にカビが生える原因とは?カビによる健康被害もご紹介!

そもそもカビは以下のような条件で繁殖しやすくなります。

・気温20度から30度
・湿度70%から80%
・ホコリや汚れの蓄積

梅雨頃から室温が20度を越え始め、夏の終わりまでエアコンの内部も室温と同じ20度から30度のカビが好む気温となります。
また、冷房運転時のエアコンの内部には結露が発生しやすく、エアコン内部の湿度が上昇します。
これらが原因でエアコンの吹き出し口や内部にカビが発生します。
カビによる健康被害として以下のような病気が挙げられます。

・喘息
・肺炎
・アレルギー性鼻炎
・アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患

カビにとって格好の繁殖環境である日本の夏は特に、こまめにホコリを取り除いたり、室内の換気を行ったりして、カビ対策を徹底しましょう。

□当社がご提供させていただいているエアコンクリーニングの流れ!

当社がご提供させていただいているエアコンクリーニングの流れを4つのステップに分けてご紹介します。

1つ目のステップは、「カバー・シートでお部屋を保護」です。
汚水やホコリが飛び散らないように、周辺をしっかりとカバーやシートで保護します。
この作業を丁寧に行うことでお部屋に傷がついたり、汚れがついたりするのを防ぎます。

2つ目のステップは、「エアコンの奥の細かいカビまで徹底洗浄」です。
専用の薬剤と10リットルの水による高圧洗浄でエアコンからカビを徹底的に除去します。

3つ目のステップは、「防カビ剤でカビの発生をブロック」です。
当社オリジナルの防カビ剤を塗布することで、カビをブロックして綺麗な状態を長持ちさせます。

4つ目のステップは、「動作を確認して完了」です。
正常に動作するかを確認して、エアコンクリーニングを完了させます。

以上が当社でご提供させていただいている、エアコンクリーニングの大まかな流れでした。

□まとめ

今回の記事では、エアコンの吹き出し口にカビが生える原因とカビによる健康被害、当社がご提供させていただいているエアコンクリーニングの流れをご紹介しました。
本記事が、エアコンクリーニングを依頼するきっかけになれば幸いです。
エアコンクリーニングに関して、何かお困りの際はぜひお気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る