暖房をつけたら不快なにおいがする?エアコンのにおいが発生する原因を解説します!

2021年12月3日

エアコンの暖房をつけると、嫌なにおいがすることがあります。
このにおいを除去するには、どうすればいいのでしょうか。
まず、エアコンの嫌な臭いの原因を探り、併せてプロのエアコンクリーニングサービスについて紹介します。

□エアコンの嫌な臭いの原因について

エアコンの嫌な臭いの原因は、どこにあるのでしょうか。
エアコンの嫌な臭いには、すっぱい臭いやカビくさい臭い、ヤニくさい臭いなど、さまざまな種類があります。
こういった、嫌な臭いの種類によって原因も変わるので、それぞれの原因に合った対策を取る必要があります。

エアコンには室内機と室外機がありますが、エアコンのくさい臭いの原因は、室内機の中にあります。
エアコンは室内の空気を吸い込んで、暖かい風や冷たい風を送り出しています。
つまり、エアコンの嫌な臭いの元は、室内にあることが多いのです。

たとえば、ヤニ臭かったりペット臭がしたりする場合は、室内でタバコを吸うことと、ペットを飼っていることが原因です。
これ以外に、エアコン内部に発生したカビが原因で、異臭がする場合もあります。
エアコン内部には適度な水分とホコリなどがあるので、カビが発生しやすい条件が揃っています。
そのため、家族の中でタバコを吸う人もおらず、ペットも飼っていないのに異臭がするなら、エアコン内部のカビが原因と考えていいでしょう。

□当社のエアコンクリーニングサービスご紹介について

おそうじ本舗のエアコンクリーニングは、エアコン内部のカビや、ホコリを取り除くところから始まります。
そして最後に防カビ仕上げをするので、カビが生えにくくなります。
エアコン内部に、カビが生えたりホコリが溜まっていたりすると、エアコンを使うたびに異臭がします。
それゆえ、エアコンを快適に使えません。

カビやホコリを含んだ空気が、エアコンから排出されると、アレルギーを起こすこともあります。
その結果、住む人の健康を害するおそれもあります。
おそうじ本舗では、プロの技術と専用機材による分解洗浄で、エアコンの隅々まで洗浄して、快適に使えるようにします。
エアコンを異臭のない状態で使うには、定期的にプロのメンテナンスを受けることが大切です。

□まとめ

エアコンをつけると、異臭がすることがあります。
異臭の原因はタバコやペットなどのほかに、エアコン内部のカビの影響もあります。
エアコン内部のカビを放置すると、アレルギーなどの症状の原因になる場合もあります。
エアコンの異臭を取り除くには、プロにエアコンクリーニングサービスを、依頼するのがおすすめです。
ページトップへ戻る