排水溝のぬめりの原因とは?頑固な汚れの落とし方を解説します!

2022年1月8日

排水溝のぬめりって定期的に掃除しても完全には無くならないですよね。
水回りの掃除は健康にも関わってきますので常に綺麗にしておきたいところです。
そこで今回は、ぬめりの原因をまず解説し、汚れの落とし方もご紹介しますのでぜひ参考にして実践してみてくださいね。

□排水溝のぬめりの正体とは?ぬめりが発生する原因を解説します!

排水溝を綺麗にするための予防策や対処法を正しく抑えるためにも、まずはぬめりの正体を知りましょう。
実は、ぬめりの正体は「菌」です。
ぬめりのある状態とは、細菌が時間をかけて増殖し集団化していった結果です。

この、ぬめりのある状態をバイオフィルムと言います。
これは、色々な種類の最近や微生物が共生し、影響しあった一つの共同体です。
さまざまな種類の生物が混合しているため、単体のときより抗菌剤が浸透しにくいバリアを形成するのです。

そして、これらのぬめりが家の中でも特に水回り発生しやすい原因は、水回りに菌が好む餌が豊富なことが原因です。
まず、キッチンのぬめりの原因は食べかすや油汚れが主です。
次に、お風呂場のぬめりの原因は皮脂汚れや石鹸カス、抜け毛などで、これらを餌として菌が繁殖します。

どちらも放置すると、異臭の原因にもなり、害虫を寄せ付けるリスクも高くなるため次の項を参考に掃除しましょう。

□排水溝の頑固なぬめりの落とし方を解説します!

排水溝のぬめりを落とすのに必要なものや工程をご紹介します。
まず、必要なものは、歯ブラシ、ゴム手袋、そしてキッチンハイターなどの塩素系漂白剤です。

次に、ぬめりとり掃除の工程を順番にご紹介します。
まず、手で取れる大きなゴミを取り除いてから塩素系漂白剤をかけます。
このとき、排水溝が泡で隠れるくらいたっぷりスプレーし5分くらい置いてからすすぎましょう。
最後に、ハイターでも落ちなかった汚れを歯ブラシなどで擦り落とします。

当社のハウスクリーニングでは、排水溝と合わせてグリル、壁面、付属照明、戸棚表面などキッチン一式を2時間程度でピカピカにできます。
また、付属してシンクの研磨サービスや撥水コート仕上げも行えます。
汚れを防止することにより、日々のお掃除を楽にできますので、ぜひご検討ください。

□まとめ

今回は、排水溝のぬめりの原因や頑固な汚れの落とし方を解説しました。
当社では、浴室クリーニングとして、お掃除レスコーティングプランもご用意しています。
忙しい方に代わって、大切な住まいのお掃除をお手伝いいたしますのでぜひお気軽にご相談ください。
ページトップへ戻る