埃っぽい部屋は改善しましょう!埃の危険性についてご紹介!

2021年10月23日

「ホコリが多くなるとどんな健康被害があるのだろう」
「なぜ部屋の掃除を毎日やっても清潔感が改善しないのだろう」
そのようなお悩みを持たれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回はホコリの危険性と部屋が埃っぽくなる原因についてお伝えします。
ぜひ今回の記事をお役立てください。

□ホコリの危険性ってなに?

ハウスダストアレルギー、あるいはシックハウス症候群について聞いたことがある人はいませんか。
くしゃみや鼻水の症状だけでなく、吐き気や頭痛といった習得化した症状や、倦怠感や鬱といった精神的な症状まで確認されるのが特徴となっています。

1つの小さなホコリの中でも細菌やダニが合わせて数千匹潜んでいるため、このような症状が起こりやすいのも納得できるのではないでしょうか。
さらに、窓を使った換気で入ってくるホコリや日々の外出で持ち込んでいるホコリの量も考えると、普段こまめな掃除を意識をする必要性が伝わってきますね。

□埃っぽくなる原因を徹底究明!

先ほどホコリの危険性をご紹介しました。
少しでもホコリを取り除くためにどこから発生しているのか、原因が気になりますよね。
今回は主に3つの原因を取り上げました。

ホコリは主に布繊維や紙繊維から発生しやすいといわれています。
より大量のホコリが集まって来ることで、目視が可能な大きさまで成長します。

普段の何気ない行動から小さなホコリが少しずつ積みあがるため、定期的にこまめな掃除を積み重ねることが大事ですね。
ホコリは年から年中外から内へ入ってきます。
住宅周囲の環境によっては、砂や土埃あるいは花粉といっしょに入ってきます。
風の向きや天候によって窓の開閉をするように、部屋の換気に対する些細な意識が肝心になってきますね。
フローリングやカーペットを2,3日に一度掃除する方にとって、埃が毎回目立つのは嫌ですよね。
毎回部屋が埃っぽいと感じる場合、その原因として家具から発生していると考えられます。
ソファーや布団など、繊維素材のものを長時間部屋に置いている場合は掃除機をかけるなどの対処が必要となってきます。

□まとめ

今回はホコリの危険性と部屋が埃っぽくなる原因について紹介しました。
今回の情報から、少しでもこまめな掃除に関心を持ってもらえると幸いです。

当社はハウスクリーニングの実績を多く所有しております。
お部屋のお掃除に関しましてお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る