五徳についた頑固な焦げを落とすことを諦めていませんか?落とし方をご紹介します!

2021年11月29日

五徳を使っていると、頑固な焦げができることがあります。
五徳についたしつこい焦げは、どうすれば落ちるのでしょうか。
ここでは五徳の頑固な焦げの落とし方を解説し、五徳の焦げを予防する掃除の方法をご紹介します。
五穀を使用する機会が多い方、今後使用する予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。

□頑固な焦げの落とし方とは?

頑固な五徳の焦げ付きを落とすには、大きな鍋に入れて煮沸するのが効果的です。
ただし、アルミ製の鍋を使うと変色するおそれがあるので、使わないようにしましょう。
鍋に水を1リットル入れ、重曹を大さじ5杯入れます。

よくかき混ぜたら、五徳を鍋に入れて火をつけます。
水が足りなければ、水と重曹を同じ割合で増やしましょう。
鍋が沸騰したら火を止めて、五徳をそのまま沈めておきます。

3時間くらいたったら五徳を取り出し、鍋の重曹水をスポンジに含ませて五徳を磨き、水で洗えばきれいになります。
五徳が汚れないためには、使ったあとに、きれいに拭くことが大切です。
料理中に噴きこぼれたり、油がはねたりして五徳が汚れたら、その都度スポンジで拭くようにすれば、汚れのこびりつきや焦げを防ぐことができます。

□五徳の焦げ付きを予防する方法とは?詳しく解説します!

五徳の汚れが焦げ付くまで放置すると、きれいに落とすにはかなりの手間がかかります。
そのため、五徳を使うたびにきれいにしておくのが、面倒な焦げ付きを防ぐ最良の方法と言えるでしょう。
五徳を洗う際に、アルカリ性洗剤か、重曹で作った重曹スプレーを使って、キッチンペーパーで拭き取れば、ほとんどの焦げ付きを予防することが可能です。

また、メラミンスポンジや、ウェットシートなどを使って、少しでも汚れたらすぐ拭くようにすれば、頑固に焦げ付く前に解消できます。
多くの方が、週1回くらいキッチンのシンクを、きれいに掃除しているのではないでしょうか。
シンクを掃除するタイミングで、五徳も洗浄すれば、かなりきれいに保てるようになります。
シンクや五徳がきれいになれば、料理作りももっと楽しくなるでしょう。

□まとめ

五徳の頑固な焦げを落とすには、大きな鍋に水と重曹を入れて煮沸することが有効です。
また、普段使う際にこまめに汚れを落としましょう。
アルカリ性洗剤か重曹で作った重曹スプレーを使用してキッチンペーパーで拭き取れば、焦げ付きが予防できます。
メラミンスポンジを使って、都度拭き取るときれいに使えます。
ページトップへ戻る