シンクの水垢汚れは予防できる?お手軽な方法を特別にご紹介します!

2021年12月23日

キッチンのシンクには、どうしても水垢汚れがついてしまいます。
シンクの水垢汚れを予防するには、どうしたらいいのでしょうか。
ここでは手軽なおすすめの水垢対策をご紹介し、コーティングすることによる水垢防止効果について解説します。

□手軽なおすすめの水垢対策について

シンクの水垢対策で重要なのは、シンクを洗ったあとに水滴を残さないことです。
シンクをきれいに洗ったら、水滴を拭きとっておきましょう。
キッチンの作業台は布巾で拭いても、シンクの中まで拭く人はあまりいません。
実はこれが、シンクの水垢よごれの元凶なのです。

しかし、シンクを拭いた布巾を洗うと、またシンクが濡れてしまいます。
最後にシンクを拭く際は、キッチンペーパーを使うようにしましょう。

シンクをきれいに保つには、シンクをこまめに洗浄することが重要です。
それゆえ、シンク用のスポンジをすぐ手に取れる場所に置いて、シンクを使ったら、すぐ洗えるようにする必要があります。シンクを洗うスポンジは、メラミンスポンジなどの、傷がつきにくいものを選びましょう。
洗剤は好みのものでかまいませんが、汚れがひどければクエン酸をスプレー容器に入れて、吹きかけるときれいに保てます。

□コーティングの方法と効果について

キッチンのシンクは、コーティングすることによって美しく保つことができます。
シンクをコーティングするには、中性洗剤とスポンジ、コーティングキット、キッチンペーパーが必要です。
まず、中性洗剤を使ってシンクを軽く洗浄し、コーティングキットについているクリーナーを、スポンジにつけてシンクを磨きましょう。
しっかり磨けば、研磨剤がシンクの表面を削ってきれいにするため、シンク全体を磨いたら、キッチンペーパーで残った水滴を拭き取ります。

次に、コーティング剤を付属のクロスにつけて、シンクの内側に塗りましょう。
さらに、蛇口まわりやシンクの側面にも塗ったら、シンクを乾かします。
コーティング剤は3時間ほどで乾きますが、作業全体を含めると、約5時間ほどシンクが使えなくなるため、時間に余裕がある休日などに行うといいでしょう。
コーティング剤を1カ月に1回くらい使うと、シンクがきれいに保てます。

□まとめ

シンクを洗ったあとに、水滴が残っていると水垢がつくので、布巾やキッチンペーパーなどで拭き取るようにしましょう。
シンクをコーティングすると、きれいに保てるので、できれば月に1回くらい行いたいものです。
定期的にコーティングして、研磨剤で磨くことによってシンクが美しくなり、台所を清潔できれいに保てます。
ページトップへ戻る