ガスコンロにこびりついた汚れはどうすれば落ちる?レベル別にご紹介します!

2021年12月19日

家の中は常に掃除しないと、汚れがついてしまいます。
ガスコンロにこびりついた汚れは、どうすれば落ちるのでしょうか。
ここでは、簡単にできるガスコンロの掃除方法について解説し、プロによるキッチンクリーニングもご紹介します。

□簡単にできるガスコンロの掃除方法について

ガスコンロにこびりついた汚れは、重曹を使えば落とすことができます。
コンロを使うたびに、重曹スプレーを吹きかければ、コンロに汚れがつくことはありません。

また、こびりついて落ちない汚れには、重曹ペーストを使うのがおすすめです。
重曹ペーストは、重曹2に水1の割合で混ぜて作ります。
この重曹ペーストを、歯ブラシにつけて汚れをこすれば、落とせます。

頑固な汚れには、重曹ペーストをつけて10分程度放置してから拭くと、面白いほどよく落ちるので試してみましょう。
また、酢を2~3倍に薄めた酢水をスプレーして、固く絞った布巾で拭いても汚れが落ちます。
カビ対策にはこまめな掃除が大切ですが、ただ水拭きするだけではあまり効果がないため、上記のように重曹や酢を使って落とせば、いつまでもきれいに保てます。

□プロの掃除サービスをご紹介します!

おそうじ本舗では、キッチンのクリーニングサービスを行っています。
落としにくいコンロの焦げ付きや、シンク、蛇口の水垢などのしつこい汚れも、きれいに落とします。
キッチンのシンクはもちろん、キッチン周辺の戸棚やキッチンの側面まで、汚れやカビを落としてきれいに仕上げます。
おそうじ本舗の作業範囲は、ガス台またはIH、五徳、グリル(扉・焼網・皿のみ)、戸棚表面、天袋、キッチン付属照明、シンク、蛇口、窓(室内側のみ)、キッチン壁面(壁紙を含まず)です。

照明器具・キャビネット・吊戸棚、収納庫表面などの掃除から、壁面、窓ガラスの掃除、ガステーブルのつけ置き洗い、シンク・蛇口・排水口のゴミ受け掃除なども行います。
また、見落としがちなグリルの汚れや、照明、吊戸棚まで、キッチン周りをすべて清掃します。
定期的に、プロによる本格的な清掃をすることによって、キッチンをきれいに保つことができるのでおすすめです。

□まとめ

ガスコンロなどの頑固な汚れは、重曹や酢水を使えば簡単に落とせます。
毎日ガスコンロを使うたびに、重曹スプレーで掃除すれば、いつまでもきれいに保てます。
また、定期的にプロのキッチンクリーニングを依頼すれば、隅々まで掃除できるので、キッチンを快適に使えるでしょう。
ページトップへ戻る