エアコンの汚れを放置するとどうなる?専門業者が解説します

2021年7月29日

「久しぶりにエアコンをつけようとしたら汚れだらけだった」
「エアコンの汚れは放置していても大丈夫なのか」
このような経験や疑問をお持ちの方は多いですよね。
エアコンの汚れを放置しておくと、健康に悪影響が出る可能性があります。
今回は、エアコンに付着する汚れの種類と放置するとどうなるのかについて解説します。

□エアコンに発生する主な汚れについて

エアコンに発生する汚れは、主に外部から発生する汚れと内部から発生する汚れに分かれます。
外部から発生する汚れとして、ダニやダニの死骸、ハウスダストなどが挙げられます。
また、家族に喫煙者がいる場合は、タバコの臭いや煙も汚れとしてエアコンに付着します。
そのほか、自動車の排気ガス、ペットの毛なども汚れの原因の1つです。

一方、内部から発生する汚れとして、カビや微生物などが挙げられます。
エアコンの内部は20〜30度の温度で70%以上の湿度を維持しているため、カビが発生しやすい環境となっています。
カビはダニの栄養源になるため、ダニの増殖にもつながります。

また、微生物の固まったスライムが発生することもあります。
水分と栄養があるエアコン内部では特に発生しやすいので注意しましょう。
定期的にエアコンを洗浄し、これらの汚れの発生を未然に防ぐことをおすすめします。

□エアコンの汚れを放置するとどうなる?

エアコンの汚れを放置するとさまざまな被害が発生します。
以下に、具体的な被害について紹介します。
エアコン内部のカビを放置していると、カビが乗った風が部屋中に流れます。
その風が原因で、喘息やアレルギー症状を発症する可能性があります。
特に、大人に比べて免疫力が低い子供は、このような症状が起こる可能性が高いので注意しましょう。
汚れが付着した熱交換器や吹き出し口を通って放出される風は、嫌な臭いがすることが多いです。
放置しておくと、エアコンをつけるたびに嫌な臭いが部屋に充満してしまいます。
エアコンによってカビが部屋に広がると、部屋内でもカビが発生する可能性があります。
例えば、窓の枠部分やキッチンなどは注意が必要です。

このように、エアコンの汚れを放置しておくと、生活に支障をきたす可能性が高いです。
そのため、エアコンの汚れは定期的に掃除することをおすすめします。

□まとめ

以上、エアコンに付着する汚れの種類と放置するとどうなるのかについて解説しました。
エアコンを使用する前には、一度内部の状態を確認し、汚れがないか確認することをおすすめします。
当社では、エアコンクリーニングのご依頼を随時受け付けております。
何かお困りのことがございましたら、気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る