エアコンの奥のカビはなぜ発生する?発生しやすい場所も併せてご紹介!

2021年8月29日

「エアコンの奥にカビが発生するのはどうしてなのかな」
「内部の洗浄はどうしたら良いのかな」
このようなエアコンに関する悩みをお持ちの方はいませんか。
今回は、エアコンの奥にカビが発生する原因とカビが発生しやすい場所をご紹介します。
エアコンの掃除はプロへ依頼するのがおすすめであることも併せてご紹介します。

□エアコンの奥にカビが発生するのはなぜ?カビが発生しやすい場所も併せてご紹介!

カビが発生する主な原因として、「温度」、「湿度」、「ホコリや汚れ」などが挙げられます。
20度から35度は、私たち人間だけでなくカビにとっても好む環境です。
また、湿度80%以上もカビにとって最適な環境です。
そして、カビが繁殖するための餌となるのが汚れです。
エアコンのカビは、フィルターの奥にあるフィンで多く発生しています。
その他には、外からは見えない熱交換器や送風ファン、ドレンパンと呼ばれる部分に多く発生します。
ドレンパンとは、空気中の水分が気体から液体になったものを受ける皿で、水気が多いためカビも発生しやすくなります。
熱交換器や送風ファンはエアコンから出てくる風が直接通過したり、接触したりする場所なのでこの部分にカビが発生すると空気中にカビをばら撒くことになります。

□エアコンの掃除は定期的にプロに依頼するのがおすすめ!

複雑な電化製品であるエアコンの掃除は、定期的に掃除のプロへ依頼するのがおすすめです。
エアコンの奥を素人が掃除すると、故障につながる可能性があるからです。
エアコンクリーニングのプロであれば、それぞれのパーツを分解して奥まで徹底的に掃除してくれます。
普段のお掃除や市販の洗浄スプレーでは落ちない汚れもしっかりと落としてくれます。

エアコンを清潔に保つには、日常的にご家庭でのお手入れをしつつ、定期的に掃除のプロへ依頼すると良いでしょう。
当社のエアコンクリーニングでは、当社オリジナルの洗剤を活用して内部まで丁寧に綺麗に掃除をさせていただきますので、エアコンクリーニングをお考えの際はぜひ当社にお任せください。

□まとめ

エアコンの奥にカビが発生する原因とカビが発生しやすい場所、エアコン掃除は定期的にプロに依頼することがおすすめであることをご紹介しました。
当社では、作業前・作業後の確認を徹底して、お客様が満足していただけるまでサービスを提供させていただきます。
エアコン掃除についてお困りの際は、ぜひお任せください。
ページトップへ戻る