エアコンが臭い!臭いの原因と予防方法を紹介します!

2021年8月6日

「エアコンから変な臭いがする」
このようなお悩みをお持ちの方は多いですよね。
久しぶりにエアコンをつけたり、長期間使ったりしていると臭いが気になることがあると思います。
このトラブルを解決するには、臭いの原因と対策方法を知る必要があります。
そこで今回は、エアコンの臭いの原因と対策方法について紹介します。

□エアコンの臭いの原因とは?

エアコンをつけるたびに気になる臭いの原因とは、一体何でしょうか。

臭いの原因は、主にエアコン内部で発生したカビや部屋の生活臭です。
エアコンの内部は、湿度が高くほこりやハウスダストが溜まっていることが多いため、非常にカビが発生しやすい環境となっています。
そして、内部に発生したカビを含んだ風が室内に放出され、臭いが充満するのです。

また、エアコンは室内の空気を吸い込み、冷却した上で再度放出します。
そのため、室内の空気の影響を受けやすいです。
例えば、タバコの臭いやペットの臭い、人の汗などが挙げられます。
このような臭いが風に乗って放出されるため、より臭いを感じやすくなります。

□エアコンの臭いを予防するための方法について

上記のように、エアコンの臭いは、カビや部屋の生活臭が大きな要因となって発生しています。
それでは、このような臭いが発生するのを未然に防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。
以下に、詳しい予防方法を紹介します。

冷房や除湿を使用した後には、エアコン内部に結露が溜まりやすくカビの原因となります。
この結露を除去するのに、1時間以上の送風または暖房運転をしましょう。
そうすることで、内部の結露がなくなり、カビの発生を予防できます。
また、機種によっては「内部クリーン」と呼ばれる機能があります。
これを使えば結露を除去できます。
臭いの根本的な原因である汚れやほこりが溜まらないように、定期的な掃除を心がけましょう。
フィルター部分には大きなほこりが溜まっているため、月に1、2回は洗浄することをおすすめします。
なお、内部のフィンやファン、ドレンパンなど取り外せない部品もあるため、そのような部分の掃除は専門業者に依頼すると良いです。

□まとめ

以上、エアコンの臭いの原因と対策を紹介しました。
あらかじめ臭いの原因を知って、予防しておけば安心ですね。
今回の記事を参考に、臭いの気にならない生活を送りましょう。
当社では、エアコンクリーニングのご依頼を受付中です。
何かわからないことがございましたら、気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る