ブログ

五徳を使っていると、頑固な焦げができることがあります。
五徳についたしつこい焦げは、どうすれば落ちるのでしょうか。
ここでは五徳の頑固な焦げの落とし方を解説し、五徳の焦げを予防する掃除の方法をご紹介します。
五穀を使用する機会が多い方、今後使用する予定のある方は、ぜひチェックしてみてください。

□頑固な焦げの落とし方とは?

頑固な五徳の焦げ付きを落とすには、大きな鍋に入れて煮沸するのが効果的です。
ただし、アルミ製の鍋を使うと変色するおそれがあるので、使わないようにしましょう。
鍋に水を1リットル入れ、重曹を大さじ5杯入れます。

よくかき混ぜたら、五徳を鍋に入れて火をつけます。
水が足りなければ、水と重曹を同じ割合で増やしましょう。
鍋が沸騰したら火を止めて、五徳をそのまま沈めておきます。

3時間くらいたったら五徳を取り出し、鍋の重曹水をスポンジに含ませて五徳を磨き、水で洗えばきれいになります。
五徳が汚れないためには、使ったあとに、きれいに拭くことが大切です。
料理中に噴きこぼれたり、油がはねたりして五徳が汚れたら、その都度スポンジで拭くようにすれば、汚れのこびりつきや焦げを防ぐことができます。

□五徳の焦げ付きを予防する方法とは?詳しく解説します!

五徳の汚れが焦げ付くまで放置すると、きれいに落とすにはかなりの手間がかかります。
そのため、五徳を使うたびにきれいにしておくのが、面倒な焦げ付きを防ぐ最良の方法と言えるでしょう。
五徳を洗う際に、アルカリ性洗剤か、重曹で作った重曹スプレーを使って、キッチンペーパーで拭き取れば、ほとんどの焦げ付きを予防することが可能です。

また、メラミンスポンジや、ウェットシートなどを使って、少しでも汚れたらすぐ拭くようにすれば、頑固に焦げ付く前に解消できます。
多くの方が、週1回くらいキッチンのシンクを、きれいに掃除しているのではないでしょうか。
シンクを掃除するタイミングで、五徳も洗浄すれば、かなりきれいに保てるようになります。
シンクや五徳がきれいになれば、料理作りももっと楽しくなるでしょう。

□まとめ

五徳の頑固な焦げを落とすには、大きな鍋に水と重曹を入れて煮沸することが有効です。
また、普段使う際にこまめに汚れを落としましょう。
アルカリ性洗剤か重曹で作った重曹スプレーを使用してキッチンペーパーで拭き取れば、焦げ付きが予防できます。
メラミンスポンジを使って、都度拭き取るときれいに使えます。
肌寒い日が続くようになり、徐々にエアコンの暖房を付け始めた方も多いかと思います。
ですが、夏場には効いていたはずのエアコンが暖房にすると効かなくなった…というお宅はないでしょうか。
今回は、エアコンの暖房が効かない原因についてご紹介いたします。

□エアコンが効かないのは汚れが原因?

エアコンの暖房が効かない時は、風力が弱っているといえます。
風力が弱いと部屋全体に空気が行き渡るのに時間がかかり、エアコンが効いたと感じられるまでにも時間がかかります。

では、風力が弱くなる原因は何でしょうか。

まず、エアコン内部の汚れです。
フィルターには、ホコリやカビ、ダニなどで汚れが溜まりやすく、定期的な掃除が必要になります。
エアコンのファンに汚れがある場合もあります。
ファンは取り外し可能なタイプもあるため、取り外せる物は洗い、取り外せないものでも拭くようにしましょう。

また、エアコンには熱交換器が付いています。
熱交換器はホコリが溜まりやすい場所であるため、定期的な掃除やエアコンの自動クリーニング洗浄を使用しましょう。
吹き出し口が汚れている場合は、外側からでも確認できるので、汚れに気付いたら拭き取るようにするとすぐに綺麗になります。
エアコンが効いていない場合は、エアコンの内部を掃除することで改善されることも多いです。

□ウルトラファインバブルエアコン洗浄とは

エアコンの効きが良くない場合、内部の掃除が効果的ですが、家庭ですべてを掃除するのは時間的にも、体力的にも難しいこともあるかと思います。
そのような場合、プロのクリーニング業者へ依頼するのもおすすめです。

当社では、最先端のウルトラファインバブルエアコン洗浄を行えます。
ウルトラファインバブルとは、目に見えないくらいの細かな泡のことで、この泡を使用した洗浄方法が、ウルトラファインバブルエアコン洗浄と呼ばれます。
この細かな泡はすぐに消えるのではなく長く残るため、汚れとの隙間に入って汚れを浮かすことが可能です。

また、付着した汚れに対して気泡が破裂することで汚れを除去できます。
すすぎの効率が良いため節水やクリーニング時間短縮に繋がり、地球環境にも良い洗浄方法で今とてもおすすめできる洗浄方法です。

□まとめ

今回は、エアコンの暖房が効かない原因とエアコン洗浄についてご紹介いたしました。
エアコン洗浄は体力が必要だからこそ、プロに依頼する選択肢を持っておくと後々役立つかもしれません。
質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
空き家をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
その空き家、定期的に空気の入れ換えや掃はしていますでしょうか。
空き家はカビが繁殖しやすく、カビを放置すると健康被害が発生します。
今回は、空き家のカビを放置している方へ、健康被害やハウスクリーニングについてご紹介いたします。

□空き家のカビを放置しているとどのような健康被害があるのか

空き家は、定期的に空気の入れ換えを行なわなければ、どうしてもホコリっぽくなり、カビが発生してしまいます。
しかし、使用していない物件となると足が遠のき、なかなか出向くことができない現状もあるかと思います。
空き家のカビを放置するとどのような健康被害が発生するのでしょうか。

まず、カビによるアレルギーが原因で発生するのが、アレルギー性鼻炎や過敏性肺炎です。
アレルギー性鼻炎は、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンがカビにより過敏に発症することが原因といわれており、鼻水やくしゃみが主な症状です。
過敏性肺炎の症状は夏風邪と似ており、咳や息切れ、発熱などです。
重症化すると、肺機能が低下して呼吸不全などを引き起こすケースがあり、カビが引き起こす大きな病気の一つです。

また、皮膚炎が起こる場合もあります。
カビが原因となるマラセチアが増殖し、皮膚に大量につくと炎症やかゆみを引き起こします。
人に発生するのはもちろんのこと、犬にも皮膚炎が起こることがあります。
そのため、空き家に犬を連れて行く場合には注意が必要です。


□当社で提供しているハウスクリーニングについてご紹介

当社では、ハウスクリーニングを行なっております。
具体的には、エアコンクリーニング、キッチンのお掃除、水回りのお掃除、部屋のお掃除、その他ベランダやお墓などのお掃除等が可能です。

掃除のプロが専用洗剤や道具を使用するため、普段は手が付かない細かな部分まで対応が可能です。
必要に応じて、部品の分解洗浄も行ないます。
各部屋別での対応も可能ですし、今回のような空き家の場合は、まとめてお部屋を掃除するパックサービスも可能です。
まとめて依頼いただくことで費用を抑えることもでき、持ち主様が掃除をする負担も軽減できますので是非ご検討ください。

□まとめ

今回は、空き家のカビを放置するとどのような健康被害が起こるのかと、ハウスクリーニングについてご紹介いたしました。
カビは身近なものですが、大量に触れると体に異変が起こるものでもあります。
カビを少しでも抑えるため、ハウスクリーニングもご検討ください。
お問い合わせお待ちしております。
ページトップへ戻る