ブログ

エアコンにカビが発生しているのでご自身で掃除しようと思っている方はいらっしゃいませんか。

そういった方の多くがカビキラーを使用してエアコンを掃除しようとします。

しかし、カビキラーを使ってエアコンを掃除するのはおすすめできません。

今回は、エアコン掃除にカビキラーを使ってはいけない理由を紹介します。

□エアコン掃除にカビキラーを使ってはいけない理由とは?

エアコンを掃除する際にカビキラーを使おうと考える方は多いようです。

しかし、カビキラーの使用はおすすめできません。

ここではその理由を紹介します。

1つ目は、成分がエアコンを腐食させる可能性があることです。

カビキラーはとても強いアルカリ性であることをご存知でしょうか。

アルカリ性の薬剤はエアコン内部に使用されているアルミ製のパーツに傷をつけてしまいます。

アルミ製の部品が腐食すると、サビや不具合の原因になるでしょう。

しかし、酸性の薬剤であれば良いということではありません。

酸性の薬剤は有毒なガスを発生するので、気をつけましょう。

2つ目は、嫌な臭いが残ってしまうことです。

お風呂でカビキラーを使用したときに塩素系の臭いを感じたことはありませんか。

エアコンをカビキラーで掃除すると、エアコンをつけたときにその臭いが発生してしまうでしょう。

□エアコンの掃除はプロにお任せしよう

「カビキラーを使わずに水だけで掃除しよう」や「何で掃除したら良いかわからない」という方がいらっしゃると思います。

おすすめはやはりエアコン掃除のプロに依頼することです。

ここからはエアコン掃除をプロに依頼した方が良い理由を紹介します。

まずは、汚れやホコリ、カビを徹底的に除去できるためです。

プロは専用の掃除道具や専用の洗剤を使用します。

そのため、ご自身で掃除するよりもエアコンをほとんど完璧に掃除できるでしょう。

また、ご自身で掃除をすると、故障の恐れもあります。

先程のカビキラーのように、使わない方が良い洗剤を使用して、エアコンを故障させてしまっては後悔しますよね。

プロにエアコンの掃除を依頼すれば、カビに悩まされたり、嫌な臭いを感じたりすることなく、快適にエアコンを使用できるようになります。

エアコン掃除でお困りの方はぜひ当社までお問い合わせください。

□まとめ

今回は、エアコン掃除にカビキラーを使ってはいけない理由を紹介しました。

カビキラーを使用すると、最悪の場合、エアコン内部の部品が錆びたり不具合を起こしたりして故障してしまうこともあります。

エアコン掃除をお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。
エアコンを使用する際にカビ予防を意識したことはあるでしょうか。

エアコンとカビにどういった関係性があるのかわからない方も多いと思います。

しかし、カビ予防を怠ると、健康を害する危険性があります。

そこで今回は、エアコンのカビを予防する方法を専門業者が紹介します。

□カビを予防する方法

エアコンから嫌な臭いを感じたり、送風口に黒い点々が発生したりしている場合は、エアコンの中にカビが発生していると考えて間違いないでしょう。

エアコン内部はもともと湿度が高くなりやすいです。

そのため、カビにとっては絶好の繁殖場所といえます。

エアコンを使用する際に、カビが生えたまま使用するのは嫌ですよね。

ここからはカビを予防する方法を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、冷房使用後は送風運転をすることです。

エアコンの冷房を使用すると結露が発生し、カビが繁殖しやすくなってしまいます。

しかし、冷房を使用しないことは不可能ですよね。

そのため、対策として冷房を使用した後は送風運転にしてください。

そうすることで、エアコンの内部を乾燥させられ、カビの発生を抑制できます。

2つ目は、室内を換気することです。

室内を換気することで、室内に存在しているホコリを外へ排出できます。

カビはホコリを養分にして繁殖します。

カビの餌となるホコリを減らすことでカビの繁殖を抑えられるでしょう。

3つ目は、室内の湿度を下げることです。

カビは湿度が高い場所を好みます。

エアコン内部だけでなく、室内の湿度が高い場合も同様に対策が必要です。

換気扇をつけたり、除湿剤を利用したりすると効率的に湿度を下げられるでしょう。

□カビが発生した際にはプロに依頼

ここまではカビの発生を抑制する方法を紹介しました。

これらの対策をしてもカビが発生したという方もいらっしゃると思います。

では、これらのカビはどう対処したら良いのでしょうか。

それは、掃除をすることです。

簡単だなと思った方も多いですよね。

エアコンの掃除くらい誰でもできると思っていませんか。

しかし、素人がエアコンの掃除をすると、エアコン自体が故障してしまったり、カビが内部に残ってしまったりという可能性があります。

そのため、エアコンの掃除をお考えの方は、ぜひプロの業者に依頼することをおすすめします。

業者であれば確実に綺麗に掃除をしてくれるので、次回の掃除までの間隔を伸ばすこともできるでしょう。

□まとめ

今回は、エアコンのカビを予防する方法を専門業者が紹介しました。

カビを予防する方法についてご理解いただけたでしょうか。

カビの予防を意識しながらエアコンを使って、快適かつ健康に過ごしていただければ幸いです。

掃除をしたいという方はぜひ当社にお任せください。

ご自身でエアコンの掃除をしてみて難しかったという経験をした方はいらっしゃるでしょうか。

実際、エアコンのお手入れはプロの依頼した方が良いことが多いです。

しかし、プロに依頼してどんなメリットがあるのかわからないですよね。

そこで今回は、エアコン掃除をプロに依頼するメリットについて紹介します。

□プロに依頼するメリットとは

エアコンのお手入れくらい自分でもできると思っている方はいらっしゃいませんか。

ここからはプロの業者にエアコンの掃除を依頼するメリットを紹介します。

1つ目は、エアコンの内部までほとんど完璧に洗浄できることです。

ご自身で掃除する場合は、濡らした雑巾で拭いたり、フィルターを取り外して洗ったりするぐらいになってしまいますよね。

しかし、プロの業者であれば高圧洗浄機を使用して、エアコンの内部までほとんど完璧に洗浄してくれます。

ご自身で掃除するとエアコンの内部にカビが残っていたり、カビの栄養となるホコリが取りきれていなかったりということが考えられます。

そのため、プロに依頼した方が良いでしょう。

2つ目は、エアコンの内部を掃除したときに故障する可能性を抑えられることです。

エアコンの内部を掃除する場合は、基本的に解体する必要があります。

専門的な知識を持った方でないと、エアコンを壊してしまうかもしれません。

そうしたリスクを減らせる業者の方が安心できますよね。

3つ目は、どんな種類のエアコンでも対応してくれることです。

家庭用のルームエアコンであれば、どんなものでも洗浄してくれます。

また、当社では業務用のエアコンの洗浄にも対応しています。

ご用であればお声がけください。

わからないことや相談したいことがあれば気軽に尋ねられることも業者に依頼するメリットと言えるでしょう。

何か気になる点がありましたら、当社までお気軽にご相談ください。

□エアコン掃除をする際の流れ

では、実際にどうやって掃除をしているのかが気になる方もいるでしょう。

ここからはエアコン洗浄の流れを紹介します。

まずは周りを汚さないように養生します。

洗浄時の汚れで壁や家具を汚さないようにするために行います。

その後、本体カバーやフィルターなどの部品を取り外します。

内部まで綺麗にするためには、部品を取り外してそれぞれを丁寧に洗浄する必要があります。

そして、専用の機材で内部の掃除を始めます。

しつこい汚れに関してはブラシで擦り、最後は防カビ剤をまきます。

本体カバーやフィルターを組み立てたらから拭きをします。

試運転をして問題が起きなければ終了です。

故障のリスクを考えると、自分でやるよりも業者に依頼することをおすすめします。

また、業者であれば本体カバーやフィルターなどを1つ1つ丁寧に洗浄してくれます。

フィルターよりも内部のフィンやファンまではご自身で洗浄できませんよね。

業者はそういった部分まで洗浄してくれるので、汚れをほとんど残さず、新品と同じくらい綺麗にしてくれるでしょう。

□まとめ

今回は、エアコン掃除をプロに依頼するメリットについて紹介しました。

エアコンの洗浄は専門の業者に依頼した方が良いことをご理解いただけたでしょうか。

掃除せずに放置したまま使用すると、健康被害を引き起こす可能性もあるため、注意してください。

エアコン掃除の依頼をお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。

ページトップへ戻る