カビによる健康被害でお困りの方はいませんか?原因はエアコンかもしれません!

2021年7月11日

最近エアコンを使用してから体調が優れないという方はいらっしゃいませんか。

その原因はエアコンにあるかもしれないことをご存知でしょうか。

エアコン内部に発生したカビがエアコンの風と共に室内に排出され健康被害を引き起こしている可能性があります。

そこで今回は、カビによる健康被害とカビの確認方法を紹介します。

□カビによって引き起こされる健康被害とは

エアコンを使用してから体調が優れなくなったという声はよく聞きますよね。

健康に悪影響が出ている場合は、エアコンの内部にカビが発生している可能性が高いです。

ここではカビが引き起こす健康被害について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

カビによる健康被害は主に、以下の5つです。

・夏型過敏性肺炎

・皮膚炎

・アレルギー性鼻炎

・感染症

・シックハウス症候群

夏型過敏性肺炎は家の中のトリコスポロンというカビによって引き起こされます。

主な症状としては、咳や息切れ、発熱があります。

皮膚炎は、マラセチア毛包炎が考えられます。

こちらは顔や頭皮にいるマラセチアというカビが原因です。

ニキビのような症状に似ており、長期間にわたり症状が続くので注意が必要です。

アレルギー性鼻炎は鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状があります。

気管支喘息の原因になることもあるので気を付けたいですね。

感染症は、白癬菌というカビに感染することで引き起こされます。

シックハウス症候群は、高気密な住宅内部の空気が汚染されることで引き起こされます。

□エアコン内部のカビを確認する方法とは

ここまではカビによって引き起こされる健康被害について紹介しました。

健康かつ快適に過ごすためには、エアコンを使用する前にカビが発生しているかどうかを確認したほうが良いでしょう。

ここからはカビの発生を確認する方法を紹介します。

エアコン内部のカビを確認するには、送風口を見てみると良いでしょう。

風が吹き出してくる部分です。

この部分に黒いカビがこびりついている場合は、カビが内部に発生しているので注意が必要です。

送風口のぞくだけで確認できるので、ぜひ見てみてください。

すでにエアコンによる健康被害が出ている方は必ず確認してくださいね。

また、エアコンをまだ使っていないという方は、使用前に確認して健康に悪影響が出ないように気をつけてください。

□まとめ

今回は、カビによる健康被害とカビの確認方法を紹介しました。

カビによって健康被害が起きると、かなり大変であることがお分かりいただけたかと思います。

カビの発生を確認した場合は、できる限り早めに当社のようなお掃除のプロにご相談ください。
ページトップへ戻る