エアコンのカビを予防する方法とは?専門業者が解説します

2021年7月19日

エアコンを使用する際にカビ予防を意識したことはあるでしょうか。

エアコンとカビにどういった関係性があるのかわからない方も多いと思います。

しかし、カビ予防を怠ると、健康を害する危険性があります。

そこで今回は、エアコンのカビを予防する方法を専門業者が紹介します。

□カビを予防する方法

エアコンから嫌な臭いを感じたり、送風口に黒い点々が発生したりしている場合は、エアコンの中にカビが発生していると考えて間違いないでしょう。

エアコン内部はもともと湿度が高くなりやすいです。

そのため、カビにとっては絶好の繁殖場所といえます。

エアコンを使用する際に、カビが生えたまま使用するのは嫌ですよね。

ここからはカビを予防する方法を3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、冷房使用後は送風運転をすることです。

エアコンの冷房を使用すると結露が発生し、カビが繁殖しやすくなってしまいます。

しかし、冷房を使用しないことは不可能ですよね。

そのため、対策として冷房を使用した後は送風運転にしてください。

そうすることで、エアコンの内部を乾燥させられ、カビの発生を抑制できます。

2つ目は、室内を換気することです。

室内を換気することで、室内に存在しているホコリを外へ排出できます。

カビはホコリを養分にして繁殖します。

カビの餌となるホコリを減らすことでカビの繁殖を抑えられるでしょう。

3つ目は、室内の湿度を下げることです。

カビは湿度が高い場所を好みます。

エアコン内部だけでなく、室内の湿度が高い場合も同様に対策が必要です。

換気扇をつけたり、除湿剤を利用したりすると効率的に湿度を下げられるでしょう。

□カビが発生した際にはプロに依頼

ここまではカビの発生を抑制する方法を紹介しました。

これらの対策をしてもカビが発生したという方もいらっしゃると思います。

では、これらのカビはどう対処したら良いのでしょうか。

それは、掃除をすることです。

簡単だなと思った方も多いですよね。

エアコンの掃除くらい誰でもできると思っていませんか。

しかし、素人がエアコンの掃除をすると、エアコン自体が故障してしまったり、カビが内部に残ってしまったりという可能性があります。

そのため、エアコンの掃除をお考えの方は、ぜひプロの業者に依頼することをおすすめします。

業者であれば確実に綺麗に掃除をしてくれるので、次回の掃除までの間隔を伸ばすこともできるでしょう。

□まとめ

今回は、エアコンのカビを予防する方法を専門業者が紹介しました。

カビを予防する方法についてご理解いただけたでしょうか。

カビの予防を意識しながらエアコンを使って、快適かつ健康に過ごしていただければ幸いです。

掃除をしたいという方はぜひ当社にお任せください。

ページトップへ戻る